ここから本文です

最年少プロ仲邑菫初段が「納涼囲碁まつり」に参加

8/16(金) 19:49配信

MBSニュース

第9回阪急電鉄「納涼囲碁まつり」が8月15日、ホテル阪急インターナショナルで開かれ、その司会をアマチュア6段のMBSの辻沙穂里アナウンサーが務めました。「納涼囲碁まつり」には仲邑菫初段(10)が参加し、テレビ取材に応えてくれました。

「納涼囲碁まつり」に参加した仲邑菫初段

年に一度、関西の囲碁ファンが集まる「阪急電鉄納涼囲碁まつり」にやって来た辻アナウンサー。今年は最年少プロで10歳の仲邑菫初段が参加するとあって、憧れる子どもたちも数多く集まりました。

「仲邑菫さんのに近づけるように中学生には(プロ棋士)になりたい。」(小学4年生の女の子)

Q将来は何になりたい?
「プロ棋士になりたい。」(男の子)


今回のイベントの司会進行を務めることになった辻アナウンサー。緊張しながら菫初段と打ち合わせします。その後、藍色で花柄の浴衣に着替えた菫初段は大人っぽい姿になりました。浴衣の柄は自分で選んだそうです。

(辻アナ)「これまで浴衣着たことあった?」
(菫初段)「なかった。」
(辻アナ)「大人っぽくなったね。素敵だね。」

菫初段と彩夏初段のトークショー

トークショーは、菫初段とお父さんの信也九段。そして17歳の羽根彩夏初段と同じくプロ棋士(父・直樹九段と母・しげ子初段)のご両親です。まずは「○」「×」で答える質問です。

【Q学校の勉強より囲碁の勉強が好き?】

菫初段:○
彩夏初段:○

二人とも○。囲碁のほうが好きなようです。

【Q囲碁より好きなことがある?】

菫初段:×
彩夏初段:○

菫初段は囲碁が一番好きなようです。一方の彩夏初段、囲碁より好きなこととは?

「高校でテニス部に入っているんです。」(彩夏初段)

囲碁とテニス両立しているそうです。

【Q囲碁の勉強をするとき親は厳しい?】

菫初段:○
彩夏初段:×

「一芸の天才の育て方について」

続いては、家族の自慢を教えてもらいました。菫初段は?

「仲がいいところ」(菫初段)
「3人で買い物行ったり散歩したり、サイクリングしたり。(Q仲がいいんですね)勉強相手という感じなんですけど今は」(菫初段の父 信也九段)

話題は親に聞く「一芸の天才の育て方」になりました。教育の軸にしていることは何なのでしょうか。

「これといってないです。娘は天才と言われるが天才とは思っていなくて、努力でここまでやってきたなと思っていまして。」(菫初段の父 信也九段)

1/2ページ

最終更新:8/16(金) 19:49
MBSニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事