ここから本文です

【動画】台風通過後も 激しい雨風に注意 北日本は大雨に警戒を(16日7時更新)

8/16(金) 7:41配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 西日本を中心に大雨をもたらした、台風10号は、日本海へ抜けていきました。ただ、台風の中心から離れたところにも発達した雨雲が広がっていて、東海など 、広い範囲で激しい雨を降らせています。台風が離れた後も、しばらくは強い風や雨に警戒をしてください。

 大型の台風10号は、このあとスピードを速めて日本海を北東へ進み、あすの未明までには、温帯低気圧に変わる見込みです。

 このあとも、北陸など日本海側では風が強く、東日本を中心に活発な雨雲がかかる見込みです。雨の範囲はだんだんと東へ移っていって、昼過ぎには東北で雨や風が強まるでしょう。夜遅くになると北海道でも、雷を伴って激しく降るところがありそうです。

 あす朝までに予想される雨の量は、多い所で北海道で250ミリ、東北で150ミリなどとなっています。さらにあさってにかけても雨の量は増える見込みです。普段雨が降りにくい北海道での大雨ですので、土砂災害などには警戒をしてください。

 また、強い風や波も予想されています。海には近づかないようお願いします。

 日中の気温は、東北から九州にかけては、33 ℃前後の予想です。雨が降っても気温が下がらないのは、日本海に抜けていった台風に向かって、南からさらに暖かく湿った空気が流れ込んでいるからです。台風によるフェーン現象で連日、40 ℃くらいまで気温が上がっていた新潟は、きのうよりも6 ℃低い、33 ℃の予想です。

 北海道は土曜日にかけて、大荒れとなるおそれがあるでしょう。そのほかでは週末は晴れて、危険な暑さになりそうです。台風の通過後は、天気は回復しますが、猛烈な暑さに注意をしてください。

(気象予報士・柴本愛沙)

最終更新:8/16(金) 7:41
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事