ここから本文です

LINEニュース担当者に聞く、新宿グルメガイド

8/16(金) 6:31配信

食べログマガジン

〈企業のランチ王〉人気企業のグルメたちはどこで何を食べている?

オフィスワーカーにとって、様々な役割を担うランチタイム。交渉や打ち合わせ、アニバーサリーイベント会場として。またときには英気を養う場所として。ビジネスエリアのランチスポットを、同エリアにある人気企業の“ランチ王”にインタビュー。わざわざ訪れたくなる名店をシーン別&使い方別にナビゲート。

LINE社・上田恭史さんによる、新宿ランチ

〈お仕事プロファイル〉上田恭史(うえだ・きょうじ)
LINEのニュース担当執行役員として、サービスの企画から日々の数字・売上まで、全般をチェック。ニュースプロジェクト内・経営層・他部署・他社との調整のため、1日約15~20件の会議に出席する合間にランチをとりつつ、夜は週3~7回の外食生活。昼は定食でごはん、夜は居酒屋でアルコールをお供に和惣菜のおいしい店を日々、開拓。余裕のある日はランチ後に新宿の老舗喫茶でコーヒーを飲んで、午後の眠気を吹き飛ばす。情報ネタはもちろん、食べログ! 2010年の有料化時からのプレミアムサービスユーザーでもある。

ハレの日の新宿ランチ 4選 & おまけのモーニング

上田さんがチョイスする、取引先との会食や社内での歓送迎会など、ビジネス&アニバーサリーに使えるお店を紹介。まずは、その選ぶ基準を教えてくれた。

「親睦を深めたり大事な話をするためのランチですから、個室でなくても落ち着いた環境であることが第一ですね。あとは非日常感も欲しい。やはり、もてなされた!と思って欲しいですから。また、社内の人間とは、社内コミュニケーションの活性化を目的に懇親会費などを会社が負担してくれる“コミュニケーション費”の制度を利用して、ちょっと贅沢なお店を選ぶと、思い出に残りやすく、人間関係も円滑になる気がします」

ハレの日ランチ(1)「日光金谷ホテル クラフトグリル」

〈上田さんの推奨ポイント〉
「ガヤガヤとせわしない新宿で、落ち着いた雰囲気があるのは、さすが日光金谷ホテルの系列店ですよね。こちらはホテル洋食のお店なんですが、大体、「新宿百年ライスカレー」をいただきます。大正時代のカレーのレシピを再現したカレーで、ソース自体はとてもスタンダードな味わいなんですが、ごはんを白米、雑穀米のほか、レーズンバターライスなどから選べるんです。トッピングが牛フィレ肉のフリットだったりして、ごちそう感もあっていいんです」

1/4ページ

最終更新:8/16(金) 6:31
食べログマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事