ここから本文です

利用者の国・地域の言語で「トイレの使い方」表示する実証実験、スマホのWi-Fi信号で判別

8/16(金) 9:39配信

トラベルボイス

ゼンリンデータコムは、利用者の国・地域に応じた言語でトイレの使い方を示す「インフォメーショントイレ」の実証実験を実施する。

利用者のスマートフォンのWi-Fi信号で国・地域を判定し、タブレットに表示する言語を決定。今回は、英語、中国語簡体字、韓国語、日本語に対応する。タブレットではトイレの使い方のみならず、地域の観光案内や見どころの紹介も行なう。

実証実験はTOTOの設置協力のもと、2019年8月1日にオープンした「TOTO宮島おもてなしトイレ」で実施。タブレットへの言語の出し分けでは、ウォークインサイト社のサービス「トラベルインサイト」を活用する。

トラベルボイス編集部

最終更新:8/16(金) 9:39
トラベルボイス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事