ここから本文です

痛くない・楽ちん!脱ビーチで履くオシャレな「街ビーサン」コーデ【夏の大人カジュアルSNAP】

8/16(金) 12:02配信

magacol

「ビーチサンダル」はリゾートや海だけのものだと思っていませんか!? 実は東京を代表する、オシャレな街である表参道や代官山でもじわじわ増えている、ビーチサンダルを履いたアラサー女子たち。スナップしてみると、ファッショントレンドの早い人たちほど、ビーサンの普段使いを始めていることが分かりました。抜け感が出て今っぽいオシャレ感が出るのが、「街ビーサン」のいいところ。カジュアルでも大人に見えるテクニックとともに、CLASSY.読者・アラサー女子6人のリアルな「ビーサンコーデ」を紹介します。

黒でまとめて大人っぽくすればビーサンコーデも手抜き感ナシ

夏の足元は楽チンで足元にほどよい抜け感がでるビーチサンダルが鉄板です。ウエストを絞るタイプのスタニングルアーのロンパースは、背が高くない私でもスタイルアップできるし、ビーサンに合わせてもキマるのでお気に入りです。

バッグもあえてきちんとしたデザインのブランドものでコーディネートしたのも、大人がビーサンを履く時のポイントだと思います。
(苅谷純子さん 商社勤務・30歳 158cm)

ビーチサンダル:havaianas ロンパース:STUNNINGLURE バッグ:Louis Vuitton ピアス:Grosse Glace

ゴールドのビーサンは街になじむ!モノトーンでまとめれば都会的に

レザー×ゴールドの組み合わせが肌に馴染んでトングサンダルのような感覚できれいめに履けるところが気に入っているVOSTOKのビーサン。

流行のグレーデニムとコーディネートして辛口スタイルに。全体をモノトーンでまとめているので、カジュアルなアイテム同士でも大人っぽく仕上がるんです。また、まとめ髪に個性的なデザインのカチューシャやPVCのバニティバッグで、トレンドを意識した小物使いもこだわりです。(佐藤 匠さん アパレル関係・28歳 173cm)

ビーチサンダル:VOSTOK トップス:ESSEN・LAUTREAMONT デニム:COUTURE D’DAM バッグ:VASIC カチューシャ:ZARA

1/2ページ

最終更新:8/16(金) 12:02
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事