ここから本文です

住宅ローンを「ネット銀行」で借りるメリット メガバンクの現役行員が教えます。

8/16(金) 15:01配信

マネーの達人

たくさんのネット銀行が出てきました。

家電メーカー系のソニー銀行からはじまり、流通系のイオン銀行、携帯電話会社のじぶん銀行、インターネットビジネスでは楽天銀行、住信SBIネット銀行などなど、ほかにもあげればきりがないほどです。

それぞれに自社のメリットを打ち出そうとしていますが、これほどネット銀行が乱立している中で何をポイントに選ぶべきか解説していきます。

ネット銀行と一般銀行の違い

1番大きい違いは「店舗」があるかないかです。

銀行業界は近い将来に大きな転換点を迎えます。

多くの店舗網を自慢にしていたメガバンクは、急速に店舗網を縮小し人員を整理していきます。

インターネットでの銀行サービスが進み、銀行窓口が必要なくなっていることが背景にあります。

この動きは地方銀行や信用金庫にも影響を与えるでしょう。

つまり、一般銀行が「ネット銀行化」していく流れは間違いありません。

そうなると、もう「ネット銀行」を敬遠する理由はなくなります。

■銀行経営も刷新が必要な時代

銀行にとって最も大きな経費は従業員への高すぎるといってもよい「人件費」と「店舗の経費」(テナント家賃や光熱費)です。

この費用があるからこそ合理化が進んでこなかった産業なのです。

しかし、長引くマイナス金利の影響もあり、銀行経営は今までのようにたくさんの預金を集め融資残高を増やすだけでは成り立たなくなっています。

「大手銀行」だから安心できるという時代ではなくなりました。

対面でスタッフに直接相談できることも安心感にはつながりません。

「○○ペイ」のようなキャッシュレスの時代に銀行店舗がいらない時代がやってくることは間違いありません。

ネット銀行で住宅ローンを借りるメリット

店舗がないということは、ネットと郵送で大部分を完結できるため、審査や手続きが「早い」ということです。

これが最大のメリットでしょう。

そもそも銀行の住宅ローンの審査は「スコアリング」といって、

・ AIで算出されたその申込者の勤務先、勤続年数、年収をデジタルに判定
・ 信用情報にキズがあるかどうかを調べ、不動産物件の担保評価が十分かどうか

だけしか判断しておらず、ほとんどのプロセスをコンピューターで判断しています。

昔はすべて手作業で担当者の経験と勘みたいなものも判断材料だったかもしれませんが、「貸せるか」「貸せないか」に人間の感情が入ってしまうと逆に時間とコストが莫大になってしまいます。

であれば、ネット銀行になんの遜色もないと思います。

むしろ、

・利用するとポイントがたまる
・携帯電話料金が安くなる

など生活に密着したメリットを実感できたほうがよいですよね。

たとえば、楽天銀行では借り換えの相談だけで楽天ポイントがたまるとか、イオン銀行では毎日お買い物が5%オフになるとか、自分の生活で実感がわくメリットのほうがよいと思います。

ネット銀行の多くは、一般銀行で住宅ローンを利用するときにかかる保証会社への「保証料」や「団信保険料」「繰上返済手数料」はかかりません。

これは諸経費の大きな削減にもなりますし、一般銀行からネット銀行への借り換えの際に、当初一括で支払った保証料が戻ってくる場合もあります。

1/2ページ

最終更新:8/16(金) 15:01
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事