ここから本文です

バイクはストレス発散に効果絶大!? ナップスがバイクに関わる影響を調べた調査を発表

8/16(金) 15:09配信

MOTA

ナップスが「バイクが与える影響」について調査

ナップスは、バイクの日(8月19日)に向け、現在125cc以上のバイクを所有し、過去1年以内にバイクを運転したことのある全国の男女530名のバイクライダーを対象に、「バイクが与える影響」に関しての実態調査を実施した。

■バイクがもたらす影響は侮れない? 気になるアンケート結果の詳細を画像で見る(8枚)

バイクに乗ってストレス発散が多数

全国の男女530名のバイクライダーを対象に、バイクに期待する効果を聞いたところ、最も多かったのが「ストレス発散(66.0%)」、「コミュニケーション(31.1%)」、「アンチエイジング(29.4%)」という結果になった。
■バイクに乗ると若返る?
バイクにアンチエイジング効果があると思うかを聞いたところ、「あると思う(25.3%)」、「どちらかというとあると思う(31.7%)」と合わせて57.0%、ライダーの半数以上がバイクにはアンチエイジング効果があると感じていることが分かった。
■行動的になったとの意見も
またバイクにアンチエイジング効果があると回答した302名のライダーを対象に、アンチエイジング効果があると思う理由を聞いたところ、最も多かったのが「実年齢より周りから若いと思われる(47.0%)」で、ライダーの約半数は、バイクの影響により実年齢より若く見られていることが分かりました。また、理由の第2位は「行動的になった(46.0%)」、第3位は「集中力が増した(45.4%)」という結果になった。

バイクは話のタネに?

次に、バイクはコミュニケーションツールとして効果的だと思うかか聞いたところ、「効果的だと思う(26.4%)」、「どちらかというと効果的だと思う(40.4%)」と合わせて66.8%のライダーが、バイクはコミュニケーションツールとして効果的だと感じていることが分かった。
■初対面でも同好の士
コミュニケーションに関連し、バイク走行時、初対面のライダーに挨拶や声をかけた経験があるかを聞いたところ、「ある(21.3%)」「どちらかというとある(28.7%)」と合わせて50.0%、ライダーの2人に1人は、バイク走行時、初対面のライダーに声をかけていることが分かった。
■毎日でも乗りたいがトップ
またどれくらいの頻度でバイクを運転したくなるのかを聞いたところ、最も多かったのが「毎日(21.7%)」、次に「2日~3日に1度の頻度(19.6%)」、「6日~7日に1度の頻度(15.7%)」と続いた。
■腰に疲れが出やすい?
最後にバイク走行時に疲労を感じる部分を聞いたところ、第1位が「腰(46.4%)」、第2位は「首(38.9%)」、第3位「肩(36.0%)」という結果になった。

まとめ

■ライダーの半数以上がバイクにはアンチエイジング効果があると感じており、ストレス発散にもなる
■66.8%のライダーがバイクはコミュニケーションツールとして効果的だと感じている
■バイク走行時に疲労を感じる部分、第1位「腰」、第2位「首」、第3位「肩」

調査概要

■有効回答数:現在普通自動二輪免許を保有し、125cc以上のバイクを所有しており、なおかつ過去1年以内にバイクを運転したと回答した20代~50代の全国の男女530名
■調査期間:2019年7月22日~2019年7月27日
■調査方法:インターネットリサーチ

MOTA編集部

最終更新:8/16(金) 15:09
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事