ここから本文です

バルサがネイマール獲得にビダルを献上、開幕戦招集外で現実味!?

8/16(金) 10:58配信

SPORT.es

“ネイマール劇場”の結果は、はっきりとは出ておらず、FCバルセロナに復帰するのか、レアル・マドリーに加入するのかまだ分からない状況である。連日、バルサ、ネイマール、パリ・サンジェルマン(PSG)の動きが報じられている。

2018/19シーズン欧州最優秀選手賞候補3名が選出される

そんな中、『Le Parisien』が新たなニュースを報じている。同紙によれば、13日にパリでバルサとPSGの間で行われたネイマールの移籍に関するミーティングの際に新たな名前が浮上しているということである。

『Le Parisien』は、フィリペ・コウチーニョに加えて、アルトゥーロ・ビダルの名前もあがっていると報じている。興味深いことに、このニュースはバルサの監督エルネスト・バルベルデがラ・リーガの開幕戦となるアスレティック・ビルバオ戦のメンバーにビダルを招集しなかったことで波紋が広がっている。

バルサは、PSGがネイマール放出に求める移籍金1億ユーロ(約118億円)に遠く及ばない金額を提示していると同紙は報道している。それに対してバルサは既存選手をトレードすることでネイマールの移籍金を下げたいと考えており、コウチーニョやビダルの名前を並べている。

しかし『Le Parisien』によれば、PSGはこのバルサの提案を現段階では受け入れておらず、ネイマールの去就には後も注意が必要である。

SPORT

最終更新:8/16(金) 10:58
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事