ここから本文です

電線業界 RoHS2対応ほぼ一巡

8/16(金) 12:21配信

日刊産業新聞

 電線業界の欧州環境規制の改正RoHS指令(RoHS2)対応がほぼ一巡したもようだ。7月22日付で発効された改正版では新たに規制対象として、被覆材の塩化ビニル可塑剤に含まれるフタル酸エステル系物質が追加されたが、約2年間の取り組みを経て、メーカーの生産切り替えとともに問屋在庫の入れ替えも完了。新規制への移行に伴いコストは上昇したものの、諸コストと同様、販価に折り込んで吸収していく構えだ。

最終更新:8/16(金) 12:21
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事