ここから本文です

バルベルデ 移籍期限に不満「チームが決まらないのは普通ではない」

8/16(金) 11:52配信

SPORT.es

FCバルセロナの監督エルネスト・バルベルデは、2019/20シーズンのラ・リーガがまもなく始まるにもかかわらず、いまだに夏の移籍マーケットが開かれていることに不満気である。

バルサ開幕戦の招集リストを発表 メッシらトップ登録5選手を外す

サン・マメスで行われるアスレティック・ビルバオ戦を前に、ジョアン・ガンペール・スポーツセンターで行われたプレスカンファレンスでこの点を指摘した。

「ラ・リーガが始まる直前にもかかわらず、チームのメンバーが完全に決まっていないのは普通とは言えない」と語るバルベルデ。

新たな選手の加入(ネイマールなど)や既存選手の移籍(コウチーニョやラキティッチ、ビダルなど)の可能性について、彼は真剣な面持ちである。

同監督は、「大会やシーズンが始まる際に自分が共に戦う選手達を把握していることは当たり前のことであり、少なくとも自分はそうあるべきだと思う」と付け加えた。

会見中、バルベルデはネイマールのバルサ復帰の可能性については言及を避け、「自分と共に現在戦ってくれる選手達がいる」と話している。

SPORT

最終更新:8/16(金) 11:52
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事