ここから本文です

フェデラー 世界70位に脱帽「完璧だった」 3回戦でストレート負け<W&Sオープン>

8/16(金) 18:19配信

tennis365.net

W&Sオープン

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は15日、シングルス3回戦が行われ、第3シードのR・フェデラー(スイス)は世界ランク70位のA・ルブレフ(ロシア)に3-6, 4-6のストレートで敗れ、ベスト8進出とはならなかった。

【フェデラー「圭は危険な選手」】

この日1時間1分で予選から勝ち上がってきたルブレフとの初対戦に敗れたフェデラーは「今日の彼(ルブレフ)は完璧だった。とてもいいパフォーマンスだった」と脱帽した。このコメントは男子プロテニス協会のATP公式サイトに掲載されている。

今後については「今年は45試合もしているんだ。だから僕自身は大丈夫だと思う」と意欲を見せた。

一方、勝利したルブレフは準々決勝で第9シードのD・メドヴェデフ(ロシア)とベスト4進出をかけて対戦する。メドヴェデフは3回戦で世界ランク36位のJ・シュトルフ(ドイツ)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日の3回戦では第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、第11シードのR・ガスケ(フランス)、第16シードのD・ゴファン(ベルギー)、世界ランク77位の西岡良仁らが8強へ駒を進めた。

最終更新:8/16(金) 18:19
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事