ここから本文です

RIZIN2戦目のあいが「勝ちにこだわる試合をしたい」【8・18 RIZIN.18】

8/16(金) 18:49配信

TOKYO HEADLINE WEB

「RIZIN.18」(8月18日、愛知・ドルフィンズアリーナ)の前々日会見が8月16日、名古屋市内のホテルで開催された。

 昨年大晦日にRIZINでプロデビューした、あいがRIZIN2戦目に臨み、アメリカのタバサ・ワトキンズと対戦する。あいは今年はDEEP JEWELSで2試合を行い2戦2勝。プロ戦績を3戦3勝としている。今回は初の国際戦となる

 あいは試合については「勝ちにこだわる試合をしたいと思っている。“ここで勝っておかないと”という気持ちと、年末に向けて“ここは絶対勝ちたい”という気持ちがあります」と今後のRIZINでの女子戦線に向けて、必勝態勢であることを明かした。

 今回の試合に向けて「フィジカルの強化と体重を増やすことをしてきた。前回と比べると5キロくらい増えている。今回はちゃんと減量をして臨むことができた。前回は減量なしだったのでその分、力も弱かったと思う。自分のベストは20歳くらいのころ。そのころに戻す努力をしている。だいぶ49kgで戦う体になりつつある。もうちょっと足りないかなとは思っているんですが…」などと大晦日に比べてパワーアップしてきたよう。

 対戦するワトキンズについて「いろいろ試合を見させていただいたが、腕十字が上手という印象」。腕十字といえば「格闘代理戦争」で古瀬美月に“見込み一本”で敗れた技とあって「それを引きずっていた部分もあるので、今回は腕十字が上手な相手に勝っていいように終われたら」などと話した。

 対戦相手のワトキンズはあいについて「とてもタフでアグレッシブな選手。とても楽しみ。私はRIZINで試合ができることをとても光栄に思っているので、彼女との試合も楽しみ」、試合については「この試合で世界に自分の名前を知らしめたい。私のレスリング、私のスキルを見せたい」などと話した。

 また「タイトルやベルトより今ここにいることに興奮している。日本という武術を尊敬するような文化を持つ国で戦えることができてとてもうれしい。だから私の目的はまずファンを喜ばせること。そして私の名を世界に知らしめたいと思っている」と初参戦となるRIZINについて語った。

 ワトキンズは“バットガール”がキャッチコピーとなっているのだが「ここで話すとお楽しみでなくなってしまうが、バッドガールの衣装で計量に臨みたいと思っている」と前日計量にバッドガールの衣装で登場することを予告した。

最終更新:8/16(金) 21:52
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事