ここから本文です

“レトロ“な喫茶店が一周まわって新しい!PART1

8/16(金) 18:20配信

magacol

ぽっかり空いた時間でも、お一人様でも、お酒を飲まなくても、美味しい食事やスイーツを楽しめるのが喫茶店のいいところ。ニューオープンから老舗まで、レトロな雰囲気に癒される、使い勝手が抜群の喫茶店を紹介します!

純喫茶グッズの購入もできる 昔の面影を残した新店

西荻窪 村田商會(ムラタショウカイ)

純喫茶で使われていた、家具や什器、食器などを扱うネットショップとしてスタートした「村田商會」。オーナーの村田龍一さん自身、日本各地のお店を巡るほどの大の喫茶店好き。閉店してしまう喫茶店の家具
を引き取って販売しているうちに、40年以上続いた喫茶「POT」の店じまいを知り、昨年12月にそのままの形を残して喫茶兼ショップを始めることに。メニューはナポリタンやトースト、クリームソーダといったザ・王道のラインナップ。赤玉スイートワインなんて、レトロなお酒があるのもグッときます。喫茶店愛あふれる村田さんだから可能にした、新しいのに懐かしい空間です。

太めの麺を使い、もっちりとした食感を出したナポリタン。具材はベーコン、ピーマン、マッシュルームなど奇をてらわない正統派。¥650

この空間に馴染むドリンクといえばコレ。クリームソーダ¥550、コーヒーフロート¥550

ソテーして甘さを引き出したバナナにチョコレートソースをたっぷりかけて。チョコバナナトースト¥400ブレンド珈琲¥500

杉並区西荻北3-22-17 
営業 12:00~19:00 
休み 月曜、火曜

古き良き昭和の喫茶店を 今に合わせてアップデート

有楽町 ネオ喫茶KING(ネオキッサキング)

古くから喫茶店文化が根付く有楽町に今年3月オープンした新店は、「マルディグラ」和知徹さんのフライドポテト、「メログラーノ」後藤祐司さんのナポリタン、「ザ バーン」の米澤文雄さんのサラダといったフードシーンを牽引する人気シェフたちが再構築した“今“の喫茶メニューが並びます。親しみやすいのにきちんと贅沢、ノスタルジーを感じながらもポップ、という喫茶店は、大人だからこそ楽しめるはず。

1/2ページ

最終更新:8/16(金) 18:20
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事