ここから本文です

大学進学を考える夏から奨学金を考えるなら、高3からじゃ遅すぎる!?

8/16(金) 6:15配信

LIMO

大学進学にそれなりにお金の準備をしていても、子供が親の予想外の進路に行きたい! といいはじめたら、どうします? 「うちにはお金がないから」といって諦めてもらうか、何とか算段して親子で頑張るか…。

大学の学費の算段といえば「奨学金」です。とはいえ奨学金のホームページ見ても分かりづらいし「どうすりゃいいんだ?」と思っている親御さんも多いのでは? 「どうすりゃいいんだ?」と思っているうちの一人である筆者が、色々調べてみました。

大学の奨学金って、どんなのがあるの?

給付型と貸与(たいよ)型があります。要は「もらえるか?」「借りるか?」ということです。

 給付型

日本学生支援機構の給付型奨学金があります。収入の基準があり、住民税非課税、およびそれに準ずる世帯(目安で親子4人世帯の収入が380万円まで)に受給資格があります。シミュレーションできるページもあります。

また、学校独自のものや、企業が運営しているもの、地方自治体が運営しているものもあります。

 貸与型

日本学生支援機構の貸与型奨学金には、「第一種」と「第二種」があります。第一種は、利息の付かないタイプで、評定平均3.5以上が目安で一定の所得制限があります。第二種は利息が付くタイプです。

第一種は、月の給付額が自宅から通学で私立の場合2万円、3万円、4万円、5万4千円まで選べます。(公立/私立、自宅からと下宿とで違います)

第二種は、2万円~12万円まで、1万円刻みで設定できます。貸与型も同じくシミュレーションできるページがあります。利息は返済が始まってから(つまり卒業後)付きます。支援機構のホームページに金利が年3%とあり、ビビりました。今どき住宅ローンだって1%台なのに…思わず電話して聞いてしまいました。第二種の令和元年度に5月貸与終了した者の貸与利率は、0.146%で、利率固定方式と利率見直し方式があります。

※利率は貸与終了月に確定し、返済方式は「元利均等方式」です。

1/2ページ

最終更新:8/16(金) 6:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事