ここから本文です

知財保護、活用へセミナー いわきで28日、9月20日

8/17(土) 8:03配信

福島民報

 県などは二十八日と九月二十日、県内中小企業の知的財産(知財)保護と活用を一層進めるためのセミナーを、いわき市のいわき産業創造館で開催する。現在、聴講者を募っている。

 県、いわき市、いわき産学官ネットワーク協会の主催。特許を活用することで生まれる効果や、大企業が保有している知財、技術を中小企業と結び付け新製品開発を支援する「川崎モデル」の取り組みなどについて紹介する。

 セミナーは全三回で初回は二十八日午後一時半から、弁理士の土生哲也さんが知財の掘り起こし方などを説明する。二回目は九月二十日午後一時半から、川崎市産業振興財団知的財産コーディネーターの高橋光一さんが川崎モデルについて紹介する。最終回は同日午後三時から、クリーク・アンド・リバー社の川村成光さんが動画投稿サイト「ユーチューブ」を使った情報発信、収益確保の手法について解説する。

 定員は各回三十人程度で、聴講無料。各回の二日前まで聴講者を募集している。

最終更新:8/17(土) 8:03
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事