ここから本文です

美奈子一家に再び密着「泣きながら撮りました」 取材者が語る裏側

8/17(土) 6:01配信

マイナビニュース

「私の子育ては間違っているのかな?」

フジテレビのドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(毎週日曜14:00~ ※関東ローカル)で、“ビッグマミィ”ことタレント・美奈子の大家族に密着した、11日放送の「新・漂流家族 2019夏 ~美奈子と夫と8人の子供~ 前編」に反響が集まっている。同番組では今年2月の放送で密着したばかりだが、いきなり大家族の父親になった元プロレスラーの佐々木義人さんと、思春期の長男&長女、さらに子育てをめぐって対立する美奈子との間に不穏な空気が漂い、あす18日に放送される「後編」では、その感情がついに爆発する。

【写真】美奈子夫妻、密着取材者が明かす裏側

しかし、『痛快!ビッグダディ』から一家を見てきた、演出・撮影の東信幸氏(ゼロクリエイト)は、そんな家族を「正直うらやましいなって思うんです」と語る。その真意は――。


■また大きな転換期が訪れると感じた

――前回の密着取材からまだ半年ですが、ハイペースですね。

前回は長男の星音(しおん)が義人さんとの確執もあり、家を再び飛び出してしまい「家族と縁を切る」と言い放ったところで撮影が終わっていたので…。その後の星音のこと、そして7女出産後の家族の様子がどうしても気になり、放送後すぐにカメラを持って佐々木家に顔を出すことにしたんです。そしたら相変わらず家族の中に長男・長女の姿がなく…。どこか寂しい空気を感じる中で、いろいろなことが起き始めたという感じですね。

やはり、星音と、長女の乃愛琉(のえる)に関しては母・美奈子さんの心配は絶えず、会話の中で美奈子さんから「実はもう一度、星音を家に連れ戻してあげたいんだよね」というキーワードが出てきたので、これはまた佐々木家に大きな転換期が訪れると感じ、撮影を再開することに決めました。

――星音さんは、前回の放送で「家族と縁を切る」と言っていたままで、家族の宿題になっていましたもんね。

実は我々も前回まで、星音が家を飛び出して知人の家を転々としている理由に関して深く掘り下げることができなかったんです。というのも、本人が19歳を迎え、大人になって行く中で、当然話したいことと話したくないことがあるのも分かっていましたし…。まずは、星音の生き様を掘り下げる前に、物語の主役である父・義人さんの生き様を掘り下げることが優先であると考えたからです。

しかし、今回の撮影で星音により深く取材をする中で、確かに彼にも同情できる部分はありましたが、一方で彼にも悪いところや甘えてる部分がたくさんあることに気付きました。それは思春期ならではの感覚とは少し違っていて、星音の中に潜む、闇の部分が深く影響しているのでは?と感じたんです。

――星音さんのことは小さい頃より見ていたからこそ、心配する部分も多かったのではないでしょうか?

そうですね。『ビッグダディ』の頃は、4つも5つも年上の林下(清志)さんの兄弟たちに萎縮して“泣き虫の星音”というイメージだったんですけど、大きくなって久しぶりに会ったときに、想像以上に大人になっていて、あの当時とは全然違う感覚を持っていたので、ようやく自己表現ができる環境になったのかな?と思っています。

――そんな一面が、今回の密着では映し出されていると。

私も中学のとき、親が離婚して母子家庭に育っているので、なんとなく星音の複雑な気持ちが理解できるんですよ。離婚したら当然、生活も質素にならざるを得ませんし、私も母に頼る訳にいかず、高校時代からバイトに明け暮れて、その後も新聞配達をしながら大学の学費を稼いでいました。だから、星音が義人さんに「お金がなかったから働いて通信制の高校に通うしかなかった。本当は普通科の高校に行きたかった…」と泣きながら告白したときに、星音には夢を諦めずにもっと前向きに生きてほしいと、心から思いました。そして、これまで内向的な性格で自分の意見を言えなかった星音が本音をさらけ出してくれたことが、うれしくもありました。今回の撮影では、そんな星音の成長に注目して見ていただきたいですね。


■前回放送後の反響で落ち込んだ美奈子

――今回の放送で、星音さんも乃愛琉さんも、口をそろえて「将来やりたいことが分からない」と言っていたのが印象的でした。

「やりたいことが分からない…」というのは、思春期の若者が共通に抱えている問題だと私は思います。私も星音と同じ年頃には将来の目標なんて何もありませんでしたし、やりたいことが見つかっている10代の方が稀(まれ)だとは思います。高校を中退したいと考えて行動することのほうが、逆に勇気がいることだと思いますね。

星音はやりたいことが見つかっていたのですが、それを貫くことができませんでした。それは彼自身の甘さであり、これから直さなければいけない課題ですし、一方で乃愛琉は、次回の放送をご覧いただければ分かりますが、やりたいことこそ見つかりませんでしたが、週5日のフルタイムで働いていて、やりたいことを叶えるために一生懸命お金を貯めています。2人とも高校を中退してしまいましたが、やはり女性の方が現実主義なんでしょうね。今では年下の乃愛琉のほうがたくましく成長しています。

――前回の放送を見て、美奈子さんは何かおっしゃっていましたか? ブログでは「夫婦喧嘩の最中はヒートアップしていて 自分の気持ち優先にしてしまっていたけど 子供達の気持ち表情にでていて 改めてテレビで見て申し訳なかったな」と反省していましたが…。

義人さんと結婚されてから、いろいろな意味で日々マインドが変わってきている部分もあって、一概には言えませんが…客観的に番組を見て、美奈子さんなりに衝撃を受けたようです。ネットでの書き込みや記事を見て、やっぱり自分はこういう性格だったんだとか、こういうところが足りなかったんだとか、本人もたくさんのことを学び、足りないところに気づいたみたいです。特に、子どもの育て方に関して、多くの方から意見を頂き、励みになる部分もあれば、かなり落ち込んだ部分もあったようで…。放送後には私宛に毎回「私の子育ては間違っているのかな?」って不安げに連絡してくるので、本人も悩んでいる様子でした。


――こういう密着を受けるのは初めてだった義人さんは、いかがでしたか?

義人さんはこれまでプロレスラーとして活躍していましたし、人前に出ることは苦手ではないのですが、テレビでこれだけ長期間撮影するのは、この番組が初めてでした。最初はカメラを意識して、撮影が終わるとスタッフに「さっきのインタビュー大丈夫でした?」なんてスタッフに気をつかっていましたが、一度美奈子さんと大ゲンカをしてからは、ありのままの姿を撮影させてくれるようになりました。その分、衝撃的なシーンも多く、ヤラセだろと思われがちですが、実際にあのままの性格なんですよ! 感情的になりがちな熱い性格の人ですので、カッとなったらすぐに「バカ野郎!」「てめぇ!」ってなっちゃって、子育てに関しても決して信念を曲げない人なので、「俺は誰に言われてもこのスタイルを変えませんよ」って…(笑)

でも、そこが義人さんの良いところでもあると私は思うんです。子供たちは「血のつながってない親なのに、なんでそこまで言われなきゃいけないんだ…」って思うだろうけど、結局ふたを開けてみたら正論を言われて、自分たちが間違っていたことに気づいたことも多くありますし。ただ、それが正論過ぎて言い返せないから、子供たちが反抗してしまう部分もあるんですけどね。

1/2ページ

最終更新:8/17(土) 6:01
マイナビニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事