ここから本文です

【ONE】ペトロシアンが左ストレート一撃で1RKO勝利、決勝進出へ

8/17(土) 7:22配信

イーファイト

ONE Championship
格闘技イベント『ONE:DREAMS OF GOLD』
2019年8月16日(金)タイ・バンコク・インパクト・アリーナ
Photo by ONE Championship

【フォト】ナタウットのハイキックをペトロシアンがスウェーで回避

▼メイン 第6試合 ONEフェザー級キックボクシング・ワールド・グランプリ 準決勝
●スモーキンジョー・ナタウット(タイ)
KO 1R ※左ストレート
○ジョルジオ・ペトロシアン(イタリア)

 ペトロシアンはK-1 WORLD MAX 2009・10世界トーナメント覇者。昨年7月にはアメリカの『Bellator Kickboxing』が開催したイタリア大会で、同階級の前K-1 WORLD GP王者チンギス・アラゾフとの新旧K-1王者対決を制すなど、現在も世界のトップ戦線で活躍している。ONEには昨年4月から参戦。現在までにキックルールで2試合を戦い、いずれも完勝だった。今年5月のグランプリ準々決勝でペットモラコットに判定負けを喫したが、ペットモラコットの首相撲が反則に該当するとしてノーコンテストへ。7月の再戦で完勝し、準決勝へコマを進めた。

 対するナタウットは3度の世界王者に輝いたムエタイの実力者。2018年4月にペトロシアンと対戦し、3-0の判定で敗れている。今回はトーナメント決勝進出を懸けた一戦であると同時に、1年半越しのリベンジの機会でもある。

 積極的に手を出すナタウット。どっしりと構えるペトロシアンは、ローを丁寧にカットし、ハイキックはスウェーでかわし左ストレートを打ち込んでいく。反撃するナタウットの右ローがペトロシアンの金的に入りインジャリータイムが与えられたが再開。直後からペトロシアンが攻勢を強め、ナタウットのガードの上からもお構いなしに殴りつけていく。

 エンディングは唐突に訪れた。ナタウットが右ストレートのフェイントを見せた直後に、ペトロシアンが狙いすました左ストレート。顔面を正面から撃ち抜かれたナタウットは真後ろに倒れ、そのまま10カウントを聞いた。

 この勝利でペトロシアンは、今年10月13日に東京で行われるONE日本大会で、サミー・サナ(フランス)と決勝戦を争うこととなった。優勝者には賞金100万米ドル(約1億630万円)が授与される。

最終更新:8/17(土) 7:28
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事