ここから本文です

世界最大のカエルは自分で池を造っちゃうらしい

8/17(土) 12:01配信

ギズモード・ジャパン

んー、何ともいえないこの貫禄!

こちらにおわしますのはゴライアスガエルさん。その巨体は全長30cm以上、脚を伸ばせば80cmにもなり、体重は3.3kgにものぼる世界最大のカエルです。

【全画像をみる】世界最大のカエルは自分で池を造っちゃうらしい

大きさだけでもすごいのに、なんとゴライアスガエルは自分の子どもたちを守るために池を造っちゃうことが新たに判明しました。

単に川底の枯葉などを取り除いて快適な池づくりに励むカエルもいれば、砂利や小枝、時には2kg以上の重さのある石を動かして水路を狭め、オタマジャクシが安心して暮らせる溜池を造ってしまう強者もいるそうです。

このことを発見したベルリン自然史博物館のMark-Oliver RödelさんとMarvin Schäferさんによれば、この重労働こそがゴライアスガエルを巨大化させた理由なのかもしれないと語っています。

立派な仕事ぶり

Rödelさんたちが学術誌「Journal of Natural History」に8月8日付で発表した論文は、世界で初めてゴライアスガエルの池づくりをドキュメントしています。

とはいっても、研究のために設置されたタイムラプスカメラが、実際石を押しのけたり、泥の堤防を造ったりしているゴライアスガエルの姿を捉えたわけではありませんでした。

ゴライアスガエルは大きさに似合わずとても臆病な生き物なのだそうです。なので、数日間に渡って記録し続けたカメラが捉えたのは、ゴライアスガエルの立派な仕事ぶりでした。

地面を掘り下げるところから産卵まで、一連の作業がコマ撮りで記録されたのはこれが初めてだそうです。

完成度が高い池は浅瀬の川底から石が取り除かれ、すり鉢状に成形されていたそうです。このような池はデザイン的にも一番優れていて、卵が大雨に流されてしまう心配がないのだとか。池を造ったのがゴライアスガエルのオスなのか、メスなのか、どちらともなのかはまだ判明していません。

親としても立派

ゴライアスガエルはアフリカのカメルーンから赤道ギニアの山地にしか生息しておらず、森の中の急流に卵を産みつける習性を持っています。

Rödelさんたちは当初、まったく違う研究のために現地を訪れていました。しかしゴライアスガエルについて調べているうちに、地元のハンター(彼らはゴライアスガエルを食用としているそうです)経由でゴライアスガエルが池を造るという話を聞き、調査に乗り出したそうです。

赤道ギニアを流れるムポーラ川のほとりをくまなく探してみると、卵やオタマジャクシを抱いた池がたくさん見つかりました。そしてよくよく見れば、それらの池は自然の力のみでは形成されないような泥の溜まり方をしており、ゴライアスガエルの仕事の痕跡を残していたそうです。

こうして全部で22カ所の池を調査し、そのうち14カ所では少なくとも3,000個の卵も見つかりました。

「今回の調査で、ゴライアスガエルはただ体が大きいだけでなく、親としても偉大だということがわかってきました」と共同研究者のSchäferさんはプレスリリースで報告しています。

流れの速い川のほとりに小さな池を造ることで、自分たちの卵とオタマジャクシを集中豪雨や外敵から守っていると考えられます。そして、土を掘ったり、石を動かしたりという重労働をこなすために巨大化していったのではないかとも考えられます。

ほかにも巣を造ったりするカエルはいるものの、ゴライアスガエルのように子どもの住処をつくるケースは初めての研究対象だそうです。たとえばアフリカウシガエルは、自分のオタマジャクシのいる場所が干上がってしまわないように、別の水たまりまで水路を掘って避難させる行動が知られています。南米に生息するカエルは、穴を掘って産卵する種もいるそうです。

Schäferさんが米Gizmodoに語ってくれたところによれば、「両生類、特にカエルは、多様で巧妙な繁殖戦略を持っています。ゴライアスガエルはその一例に過ぎませんが、それにしても意外でした。アフリカのカエルでこんなことをする種はほかに知られていませんし、ゴライアスガエルの近縁のカエルは子育てをしませんから」とのこと。

1/2ページ

最終更新:8/17(土) 12:01
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事