ここから本文です

全日本F3、2020年からスーパーフォーミュラ・ライツとして再始動

8/17(土) 13:51配信

motorsport.com 日本版

 全日本F3選手権が、2020年から全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権として新たに生まれ変わることになった。

【ギャラリー】スーパーフォーミュラ・ライツ用シャシー、ダラーラ320

 1979年にスタートし、今年41年目のシーズンを迎えている全日本F3選手権。しかし来季からその名称が、全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権に変更されることになった。

 F3にまつわる世界の状況は、昨今非常に複雑化している。昨年までのGP3を引き継ぐ形で今季からスタートしたFIA-F3と、リージョナルF3のふたつである。FIA-F3は、F1、FIA-F2、そしてFIA-F4などと組み合わせ、入門カテゴリーから最高峰のF1までの道筋が整えられている。一方でリージョナルF3は、各国で独自に開催されるものだ。

 そんな状況の中、全日本F3は従来の伝統的なF3規格を引き継ぐ形で、今季も開催。しかし来季からは、リージョナルF3のさらに上のクラスとしてのポジションを確保すべく、”スーパーフォーミュラ・ライツ”として新たなスタートを切ることになった。運営はこれまで通り日本フォーミュラスリー協会として行っていくが、車両は現行車両のパフォーマンスを高め、安全性向上を考慮してハロと搭載するなどしたダラーラ320を使用する。ただこのダラーラ320は、従来のエンジンやパーツ(ギヤボックス、サスペンション、前後ウイング、電気系統等)も流用できるなど、コスト面にも気が配られている。

 なおマシンは8月中にイタリアでシェイクダウンされる予定。この時搭載されるエンジンは、HWA製になるという。その後、9月のスーパーフォーミュラ岡山戦のレースウィークには、国内初走行が予定されている。

 開催カレンダーについては現在調整が進められているものの、基本的にはスーパーフォーミュラとの併催が中心になるというが、一部の大会では単独開催となる可能性も残っているようだ。また参戦コスト削減に向けて大会数を縮小させつつも、各大会で3レース開催を確保することで、参戦ドライバーの走行マイレージを確保するつもりであるという。

 またランキングに応じて獲得できるスーパーライセンスポイントについては、JAF(日本自動車連盟)に申請中である。

 スーパーフォーミュラを運営する日本レースプロモーションの倉下明社長は「スーパーフォーミュラとスーパーフォーミュラ・ライツ、そのパッケージングによって価値を向上させていきたい」と語った。また日本フォーミュラースリー協会の水野雅男会長は「全日本F3からは、様々な才能をを持ったドライバーが旅立っていっている。スーパーフォーミュラ・ライツとしても、その責任を担っていきたい」と語った。

1/2ページ

最終更新:8/17(土) 13:51
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事