ここから本文です

全国こども陶芸展inかさま、入場者2000人突破 4歳の渡辺君に記念品

8/17(土) 11:00配信

茨城新聞クロスアイ

笠間市笠間の県陶芸美術館で開かれている「第19回全国こども陶芸展inかさま」(茨城新聞社、笠間市、同市教育委員会主催)の入場者数が16日、2千人を突破した。2千人目の入場者となったひたちなか市の幼稚園児、渡辺幸馳(こうた)君(4)に、笠間焼のマグカップなどの記念品が贈られた。

幸馳君は、父剛悟さんと母恵美さんの家族3人で来場。同館の展覧会を見るのは初めてと言い、笠間芸術の森公園に遊びに来て、立ち寄ったという。両親と作品を見て回った幸馳君は「時計の焼き物がいいな。記念品がもらえてうれしい」と笑顔を見せた。

陶芸展は7月26日に開幕し、9月1日まで開催。全国の小中学生を対象に公募した作品1564点から選ばれた入選作を中心に、約200点が展示されている。入場無料。(藤崎和則)

茨城新聞社

最終更新:8/17(土) 11:11
茨城新聞クロスアイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事