ここから本文です

ルノー代表「コースレイアウトの改善でF1は良くなる」全チームの協力を呼びかけ

8/17(土) 15:10配信

motorsport.com 日本版

 ルノーのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、全チームが協力してトラックレイアウトの改善を検討すれば、F1のレースがより良いものになると考えている。

【動画】白熱のレースになる? ベトナムGPバーチャルオンボード

 アビテブールは、今年のフランスGPが退屈なレースになったという批判を受けて、チームのエンジニアがポール・リカールのレイアウト代替案を検討したと明かした。

 F1側も、すでにグランプリを開催するサーキットのレイアウトを最適化する取り組みを行っている。BARやホンダ、ブラウンGP、ウイリアムズで働いた経験を持つ、クレイグ・ウィルソン(車両パフォーマンス部門責任者)が、2020年に新たに開催されるベトナムGPと、開催実現に向けて動いているマイアミGPのプロジェクトに密接に関与してきた。

 一方、アビテブールはチームが協力し、グランプリを開催しているサーキットの改善点を指摘することができると、motorsport.comに語った。

「私がもっと取り組むべきだと思うのは、トラックの設計だ」

「毎年変わる20台のマシンに投資するのではなく、過剰な技術規則を少し減らし、トラックレイアウトをもう少し工夫した方がいいと思う」

「それぞれのトラックで、ひとつかふたつコーナーを変更する余地があると思う。その方がはるかに費用対効果が高く、スポーツにとっても良いだろう」

「彼ら(F1)が、ベトナムGPに関して多くの努力を注いできたことは分かっている。しかしそこは、F1にとって何が良いのか、我々みんなで考えられるような場所だろうか?」

 アビテブールは、ルノー内部でポール・リカールのレイアウトについて研究したと話した。

「例を挙げると、フランスGPだ。言うまでもなく、我々にとって重要な(ホーム)レースだ」

「レースが”行列”になったので、厳しい批判があった。我々は終盤にレースを少し面白くしようとしたが、ペナルティを受けてしまった!」

「我々がやったのは、レースをもっと面白くするための、代替レイアウトのシミュレーションだ。トラックの改善を検討し、いくつかの解決策を見い出す上で、より多くのチームが加わることを望んでいる」

「全チームがトラックの改善に協力した場合、素晴らしい結果が得られると確信している。2021年を待つ必要はない。来年にも実現することができるんだ」

Adam Cooper

最終更新:8/17(土) 15:10
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事