ここから本文です

排水溝の中に取り残された子猫たちを救助! 5匹で身を寄せ合って警戒する姿が痛々しい

8/17(土) 20:15配信

ねとらぼ

 米カリフォルニア州ロサンゼルスで活動する動物保護団体「Hope For Paws」が、排水溝の中から子猫たちを救助する様子をYouTubeの公式チャンネルで公開し、話題となっています。

【画像:救助された子猫たち】

 同じロサンゼルスで活動する猫の救助団体「Cats At The Studios」から、排水溝の中に取り残されている子猫たちの救助を依頼された「Hope For Paws」の職員たち。「Cats At The Studios」のメンバーは、母猫も保護するために仕掛けを作ったりしていたのですが残念ながら現れず……まずは子猫たちの救助をすることとなりました。

 現場に到着すると確かに母猫は見当たらず、子猫たちだけがその場にいることが確認できました。まずは職員たちはマンホールの穴から入って救助しようと試みますが、人間を怖がる子猫たちは隅にかたまり、小さな声ながらも威嚇の鳴き声をあげていました。そのけなげな表情に心を打たれます。

 これ以上怖がらせないように、と職員たちは話しかけながら時間をかけてゆっくりと、1匹ずつそっと抱きかかえ、キャリーの中に移していきます。幸い子猫たちは逃げることはなく、無事に全員救助することに成功!

 そしてやはり母猫も保護しようと考え、子猫たちが入ったキャリーを排水溝の奥に置き、その前にエサを置いたケージを設置。母猫が子猫たちを求めてやってきたらケージに確保するというトラップを作りました。子猫たちはおとなしくしていたのでYouTubeで猫の鳴き声を流し、1時間ほど待ちましたが……残念ながら母猫は現れず。

 ひとまず子猫たちを施設のほうへ連れ帰ってから数週間後、保護された5匹の子猫たちは安全な里親さんのところですっかり元気に過ごしていました。おもちゃにはしゃいで遊ぶ幸せそうな姿に子どもらしいかわいらしさを感じます。

 母猫は別のトラップで保護活動を継続し、救助・保護出来次第「Cats At The Studios」のメンバーが報告することになっています。どうか無事に見つかって、子猫たちと一緒に新しい家族のもとへ行けることを心から願っています。

ねとらぼ

最終更新:8/17(土) 20:15
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事