ここから本文です

【KNOCK OUT】ぱんちゃん璃奈が計量クリア「やったんで!」と初のKO勝ちに意欲

8/17(土) 23:17配信

イーファイト

 8月18日(日)東京・大田区総合体育館にて開催される『K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER』に出場する全選手の公開計量が、17日都内で行われた。

【フォト】ぱんちゃんと祥子ともに計量クリアしファイティングポーズ

 K.O CLIMAX第2試合に出場する"キューティー・ストライカー"ぱんちゃん璃奈は規定体重の46kgをクリア。対戦相手の祥子(JSKキックボクシングジム)と共に明日の試合にコマを進めた。

 ぱんちゃんは試合を明日に控えた心境を「今までと違ってワクワク感の方が大きい。会場に入れば緊張するかもしれないけど、この2か月成長してきた自信があるので、それを出せればというワクワクの方が大きい」と高いテンションで試合を迎えられていることを明らかにした。

 これまでぱんちゃんは1ラウンド2分の試合が多かったが、この点を「大きい」と分析。これは不安な面が大きいわけではなく「自分だけでなく相手も疲れるし、他の女子選手はみんな3分でやっている。もともと3分でやりたかった」とチャンスとしてとらえていると語った。ぱんちゃんは今年2月にプロデビューし、現在3連勝中。デビュー戦では2度のダウンを奪っており、3分間の試合になればKO勝ちの可能性も増える。

 公開計量ではカラフルな水着で登場したぱんちゃんは「夏バージョンですね!」と、浴衣を着れない分水着でがんばったと笑顔を見せた。今回の試合に向けコスチュームも新調。「かわいいものや派手なものを身に着けていると気分も乗ってくる。自分のキラキラな部分とコスチュームのキラキラを見てもらえたら」と、リングの上ではじけるようなパッションを表現してくれそうだ。

 将来的には他団体のチャンピオンクラスと戦いたいという目標を持つぱんちゃん。その発言に元J-GIRLSミニフライ級王者のシュートボクサー・MISAKI(グラップリングシュートボクサーズ)が反応したのを受け「私の方がまだまだキャリアがないので相手にされないかと思っていたけど、戦いたいと言ってもらえてうれしい。いつかは戦うことになるので、その時までに力をつけておかないと」とさらに高いレベルの舞台への進出に意欲を見せる。
 
 お盆休みも返上して練習に明け暮れたこの2か月を振り返り、「やったんで!という気持ちが一番強い」という。今回のテーマである「楽しんで輝いて強さを見せつける」を実現するため、「キラキラしながら攻撃を当てていって、怖さも見せつけられたら」と理想の実現を宣言した。最後に初のKO勝ちに向け「がんばります!」と力強い言葉を残した。明日どんな"キラキラ"をリングで見せてくれるのか期待したい。

最終更新:8/17(土) 23:17
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事