ここから本文です

DeNA 守乱で5連敗3位転落

8/17(土) 13:10配信

東スポWeb

 勢いは完全に止まってしまったのか。シーズン終盤で痛すぎる敗戦だ。DeNAは16日の広島戦(横浜)に2―4で敗れ、11日の中日戦からの連敗が5となった。貯金を4に減らし、7月8日以来の3位に転落。首位・巨人が勝ったためゲーム差は5に広がった。

 7月15日の同戦以来の一軍先発となった井納は味方守備に足を引っ張られた。4回一死で左翼・佐野が松山のフライを落球。続く会沢の打球を今度は遊撃・大和がはじき連続失策。この回は得点に結びつかなかったが、5回に落とし穴が待っていた。一死から投手・大瀬良に安打され、西川の打席で暴投。二進を許した後にその西川の打球を二塁・伊藤裕がトンネル(記録は安打)。ボールが中前に転がる間に二走の大瀬良が生還した。これが広島の決勝点となった。

 ラミレス監督は伊藤裕の守備に「投手が走者だったし、あれは捕ってもらいたかった」と肩をすくめた。ただ、3位転落には「起こり得ること。勝ったり負けたりすることが野球」と話し大瀬良を攻略しきれなかった打撃陣にも「明日は打ってくれると思います」と冷静だった。

最終更新:8/17(土) 13:14
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/16(月) 21:40

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい