ここから本文です

作新学院・林ノーノーあと4人…6四死球も崩れず「粘ってくれた」18点打線に感謝

8/17(土) 8:30配信

デイリースポーツ

 「全国高校野球選手権・3回戦、作新学院18-0岡山学芸館」(16日、甲子園球場)

【写真】惜しくもノーノー逃がす…初安打を打たれた林

 3回戦4試合が行われ、作新学院(栃木)が岡山学芸館(岡山)に大勝し、栃木県勢春夏通算100勝を達成した。作新学院の先発・林勇成投手(3年)は八回2死まで無安打のピッチングを展開。ノーヒットノーランの達成こそならなかったものの、全国制覇した16年以来の8強進出に貢献する力投となった。18日の準々決勝では中京学院大中京と対戦する。

 マウンドを降りるところで、スタンドからは拍手喝采が巻き起こる。たどり着けなくても、夢に満ちた114球だったことには違いない。「打たれちゃったな、と」。浮かべた苦笑いに悔しさをにじませたが、林の投球に誰もが胸を躍らせた。

 「野手が球際とかでも粘ってくれたので、野手の思いも背負って達成したい気持ちはありましたけど、できなくて悔しいです」

 6四死球を与えながらも崩れない。味方の好守もあり、ゼロを並べるだけでなく快音も響かせなかった。「七回ぐらいから頭にありました」。七回も無安打に抑え八回も2死まで奪う。ノーヒットノーランまであと4つのアウトだったが…金城祐太外野手(3年)に左前打を浴びて夢はついえたものの、快投の価値は色あせない。

 夏の大会では98年の横浜・松坂大輔(中日)以来の快挙に迫ったピッチング。3月末から約2カ月、肩の炎症でノースロー。復帰後は少し球速が落ちたものの「スピードが出なくてもキレを磨きました」と振り返る。苦しみに耐え抜く我慢強さは、持ち味でもある。

 同校伝統の練習に、「水道山」と呼ばれる山にかかる、約130段の階段ダッシュがある。チームスタッフは、16年の日本一達成時のエース・西武の今井達也を挙げ「(今井は)50往復ぐらいだった」と振り返る中、林は平気で60往復をこなしたという。地道に鍛えた日々が花開いた。

 林は「次は攻めの投球をしたい」と力を込める。大記録には届かなくても、日本一への戦いはまだまだ続く。

最終更新:8/17(土) 9:05
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/17(火) 17:50

あなたにおすすめの記事