ここから本文です

城跡彩る光と音楽 静岡・駿府城公園で「水祭」開幕

8/17(土) 22:06配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡市葵区の駿府城公園で17日、「みずみずしい夏にしよう」を合言葉に、音楽や食など多彩なイベントを展開する「駿府城夏まつり水祭」(静岡新聞社・静岡放送主催)が始まった。日没後は園内がアーティストの手でライトアップされ、幻想的な異空間が現れている。18日まで。

 ライトアップは「光のナイト」と称し、市が力を入れて取り組むにぎわい創出事業「まちは劇場」の一環。東御門と天守台発掘調査現場、坤櫓(ひつじさるやぐら)の3カ所が舞台で、アート映像や音楽などとともに午後11時まで演出する。

 発掘現場は、美術家の高橋匡太さん(48)=京都市=が担当。作曲家の山中透さんによる音楽と詩人の三角みづ紀さんの朗読が流れる中、さまざまな色のLED照明が石垣などを染め、来場者を表情豊かな世界へいざなっている。孫ら家族5人で訪れた女性(58)=静岡市葵区=は「地球の誕生を感じさせるような演出で神秘的」と見入った。

 水祭の詳細は公式サイトで。

静岡新聞社

最終更新:8/18(日) 0:21
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事