ここから本文です

【国内女子ツアー】渋野日向子 激辛お菓子投入で2位浮上

8/17(土) 18:44配信

東スポWeb

 国内女子ツアー「NEC軽井沢72」2日目(17日、長野・軽井沢72G北C)、7位から出た渋野日向子(20=RSK山陽放送)は68とスコアを伸ばし、首位と1打差の9アンダー、2位に浮上した。首位は浜田茉優(23=伊藤園)で10アンダー。

 16番パー5を3打目のミスからボギーとした渋野は「カッチーンですね。バーディーが取りたいホールでボギーだったのでバーディー、バーディーで上がらないと取り返せないと思ってました」。

 挽回を誓って臨んだ17、18番を連続バーディーで締め、前年から3393人増えて9481人が集まった大ギャラリーを沸かせた。

「あれだけ取り上げられると食べにくい」と封印中の「タラタラしてんじゃね~よ」に代わって、この日は新たなお菓子を投入。「『タラタラ――』を辛く、細くした感じです」。商品名は「激辛焼きかまソーメン」(東珍食品)で、どくろマークに“激辛同盟”の文字が躍るパッケージはインパクト十分だ。

 最終日は今季国内3勝目を目指し、最終組で首位の浜田、2位に並ぶ原英莉花(20=日本通運)とプレーする。

最終更新:8/18(日) 16:27
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事