ここから本文です

【RIZIN】浅倉カンナ 完全復活へ「大ケガをしてでも勝ちたい」

8/17(土) 19:40配信

東スポWeb

 格闘技イベント「RIZIN.18」(18日、愛知・ドルフィンズアリーナ)の公開計量が17日、名古屋市内で行われ、全選手が一発パスした。

 アリーシャ・ザペテラ(24=米国)戦で復活を目指す、RIZIN女子スーパーアトム級トーナメント覇者の浅倉カンナ(21)は48・55キロでパスして笑顔。その後の写真撮影でいきなり接近してきたザペテラの挑発に動じることもなく、静かに闘志をみなぎらせた。

 現在、RIZINでは浜崎朱加戦、山本美憂戦と2連敗中だけに勝利にかける思いは強い。「とにかく、今回は勝ちたいんです。先のことなんて全く考えられない。ずっと試合のことだけに集中してました」

 それを象徴するのが試合後の予定だ。これまでは試合後に家族との旅行などを計画し“自分へのご褒美”にするのが常だったという。しかし今回に限って試合後のスケジュールは全て白紙だ。その理由をこう明かす。

「死ぬ気で…っていうと大げさかもしれないですけど、それくらいの気持ちで試合に臨むので。大ケガをしてでも勝ちたいんです。ケガしたら、どこも行けなくなるじゃないですか。だから、今回は旅行の予定とかも一切ないです」

 悲壮な決意で、復活への足がかりとなる白星を手にできるか。「優しすぎると昔からよく言われるので、ちょっと怖い部分だったりを出せればなと思います」と死闘の先に進化を見据えているが、果たして――。

最終更新:8/17(土) 19:42
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事