ここから本文です

財木琢磨らが奮闘、和楽器の箏(こと)題材にした学園ドラマ「この音とまれ!」開幕

8/17(土) 17:55配信

ステージナタリー

舞台「この音とまれ!」が、本日8月17日に東京・全労済ホール / スペース・ゼロで開幕した。

【写真】舞台「この音とまれ!」より。(メディアギャラリー他8件)

本作は、和楽器の箏(こと)を題材としたアミュー作のマンガ「この音とまれ!」(集英社)を舞台化したもの。作中では、廃部寸前の箏曲部存続のため、不良の高校生・久遠愛とその仲間たちが力を合わせる姿が描かれる。伊勢直弘が脚本・演出を手がけ、出演者には久遠愛役の財木琢磨、倉田武蔵役の古田一紀、鳳月さとわ役の田中日奈子、足立実康役の塩田康平、堺通孝役の小島ことり、水原光太役の上仁樹、高岡哲生役の小沼将太、教頭役の山崎雅志、久遠源役の加藤靖久、仁科静音役の藤田弓子が名を連ねている。

上演時間は約2時間。東京公演は8月25日まで行われ、そのあと本作は、9月7・8日に福岡・ももちパレス、14・15日に大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される。なお、東京公演の18日17:00回と、20日から23日までの19:00回、福岡公演では両日共、大阪公演の14日17:00回と15日12:00回にアフターイベントの開催を予定している。

■ 舞台「この音とまれ!」
2019年8月17日(土)~25日(日)
東京都 こくみん共済 coop ホール / スペース・ゼロ

2019年9月7日(土)・8日(日)
福岡県 ももちパレス

2019年9月14日(土)・15日(日)
大阪府 森ノ宮ピロティホール

原作:アミュー「この音とまれ!」(集英社「ジャンプSQ.」連載中)
脚本・演出:伊勢直弘

□ キャスト
久遠愛:財木琢磨
倉田武蔵:古田一紀
鳳月さとわ:田中日奈子
足立実康:塩田康平
堺通孝:小島ことり
水原光太:上仁樹

高岡哲生:小沼将太

教頭:山崎雅志
久遠源:加藤靖久

仁科静音:藤田弓子

※山崎雅志の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

(c)アミュー/集英社・舞台「この音とまれ!」製作委員会

最終更新:8/17(土) 17:55
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事