ここから本文です

関東第一 7番・サード長嶋が3安打 白熱の攻防

8/17(土) 19:19配信

デイリースポーツ

 「全国高校野球選手権・3回戦、鶴岡東-関東第一」(17日、甲子園球場)

 4番・サード、長嶋ならぬ、7番・サードの長嶋が3安打の大暴れ。

 4年ぶりの8強を目指す関東第一(東東京)は3連打しながら得点できないどころか、チェンジになる“不運”があった。

 2点を追う六回1死から7番・長嶋峻佑三塁手(3年)がこの日3安打目となる右前打で出塁するも続く村岡拓海二塁手の二遊間へ飛んだヒット性の当たりを体に当ててアウト。2死一塁から代打の谷口龍汰選手(3年)が左前打し、チャンスメークしたかと思ったところで、打者走者が一塁をオーバーランし二塁で憤死。三塁走者は本塁を目指したが、間一髪で間に合わなかった。

 しかし、直後の七回に重政拓夢右翼手(2年)からの3連打で2点を挙げ、6-6の同点に追いついた。

最終更新:8/18(日) 14:17
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/17(火) 16:30

あなたにおすすめの記事