ここから本文です

関東第一が11回サヨナラ勝ち オコエ擁した15年以来4年ぶり8強

8/17(土) 20:00配信

デイリースポーツ

 「全国高校野球選手権・3回戦、関東第一7-6鶴岡東」(17日、甲子園球場)

 関東第一(東東京)が延長十一回の激闘を制し、サヨナラ勝ち。オコエ瑠偉外野手(現楽天)を擁した15年以来、4年ぶりの8強進出を果たした。

 十一回、2死から渋谷が右越え三塁打。ここで4番の平泉は敬遠で2死一、三塁。5番平川がサヨナラ打を放った。

 鶴岡東(山形)は3点を追う三回、竹花が今大会2本目となる2ラン。六回には山路の適時二塁打などで逆転したが、七回に追いつかれた。七回途中から登板していた池田が力尽き、初の8強進出はならなかった。

 関東第一・米沢監督「(敬遠は)それが野球。2回目でしっかり打ち返した。彼の思いきりが良かった。(今日が誕生日)ウイニングボールがもらえてうれしい。ここにいられるのは選手のおかげ。改めて感謝したい」

最終更新:8/18(日) 14:16
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事