ここから本文です

夏の甲子園、8強出そろう 初の準々決勝進出校は関西勢2校

8/17(土) 20:02配信

スポーツ報知

◆第101回全国高校野球選手権大会第11日(17日・甲子園)

 第101回全国高校野球選手権大会は第11日までの日程を終え、8強がでそろった。明石商、八戸学院光星、中京学院大中京、作新学院、星稜、仙台育英、履正社、関東第一の8校が、18日に行われる準々決勝に進出した。組み合わせは以下の通り。

【写真】頭部死球、危ない!

〈1〉8時~ 明石商(兵庫)―八戸学院光星(青森)

 ※明石商は初、八戸学院光星は5年ぶりの8強。

〈2〉10時30分~ 中京学院大中京(岐阜)―作新学院(栃木)

 ※中京学院大中京は44年ぶり、作新学院は優勝した2016年以来3年ぶりの8強。

〈3〉13時~ 星稜(石川)―仙台育英(宮城)

 ※星稜は準優勝した1995年以来24年ぶり、仙台育英は2年ぶりの8強。

〈4〉15時30分~ 履正社(大阪)―関東第一(東東京)

 ※履正社は初、関東一は4年ぶりの8強。

 地区別に見ると、東北2(八戸学院光星、仙台育英)、関東2(関東第一、作新学院)、北信越1(星稜)、東海1(中京学院大中京)、関西2(履正社、明石商)で、北海道、中四国、九州地区はゼロとなった。

最終更新:8/18(日) 3:02
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事