ここから本文です

星稜・福本、延長14回サヨナラ3ラン…石川大会10打数無安打から復活

8/18(日) 5:57配信

スポーツ報知

◆第101回全国高校野球選手権大会第11日 ▽3回戦 星稜4x―1智弁和歌山=延長14回タイブレーク=(17日・甲子園)

 星稜(石川)のドラフト1位候補右腕・奥川恭伸(3年)が、令和初のタイブレークの末に延長14回23奪三振と快投。参考記録ながら、73年の作新学院・江川卓が延長15回で奪った数と並んだ。智弁和歌山との優勝候補対決で右足をつりながら、最速154キロをマークし、3安打1失点(自責0)で165球完投。福本陽生内野手(3年)のサヨナラ3ランを呼び、準優勝した95年以来、24年ぶりの準々決勝進出を決めた。8強が出そろい、18日の準々決勝では仙台育英(宮城)と激突する。

 奥川の力投に、福本がサヨナラ本塁打で応えた。待っていたのは真っすぐだったが、真ん中高めのスライダーに体を開かず反応し、真芯で捉えた。「打った瞬間に軽い感覚があって、長打になるなと思った」。一塁ベースの手前で、外野手が追走を諦めるのが見えて、サヨナラ弾を確信した。「ホームを踏む前にみんなの喜ぶ顔が見えて、うれしい気持ちでいっぱいになった」。お立ち台の上で笑みをこぼした。

 悩めるチーム本塁打王が、甲子園で目覚めた。「3番・一塁」で臨んだ夏の石川大会では、10打数無安打と沈黙した。甲子園初戦の旭川大高戦では、ついにスタメンから外れた。出場機会を得るため、2回戦直前から急きょ二塁守備に挑戦した。「県大会ではチームの足を引っ張った。レギュラーから外れて苦しい思いもしたが、自分らしく楽しくやろうと思い、結果がついてきた」。チーム単独トップとなる高校通算21号は、星稜にとって13年夏1回戦・鳴門戦の北村拓己(現巨人)以来、6年ぶりの甲子園本塁打となった。

 「奥川がずっと最少失点で抑えてくれたから、最後にチャンスが作れた。奥川のためにも、チームのためにも、役割を果たせた。もっと野手陣が点を取らなければ。今度は最低でも5点。10点を目標に打ちたい」。奥川を救った打のヒーローが、県勢初の全国制覇へ打線爆発を誓った。(勝田 成紀)

 ◆福本 陽生(ふくもと・はるお)2002年3月21日、東京・世田谷区生まれ。17歳。幼稚園年中で野球を始める。小学3~6年は東京世田谷ボーイズ、東京・緑丘中時代は東練馬リトルシニアでプレー。星稜では1年秋からメンバー入り。甲子園は2年春、3年春、夏の3度出場。高校通算21本塁打。将来の夢はプロ野球選手。173センチ、80キロ。右投右打。家族は両親、姉、妹。

最終更新:8/19(月) 9:12
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事