ここから本文です

『ポケモン剣盾』新情報発表でマタドガス“特性”強力と話題「エグい」 使用わざ一部公開

8/17(土) 0:03配信

オリコン

 11月15日に発売される大人気ゲーム『ポケットモンスター』シリーズの最新作『ポケットモンスター ソード・シールド』(公式略称:ポケモン剣盾 Nintendo Switch用ソフト)の新情報が7日、発表された。ポケモンが使う新たな特性やどうぐ、新システム「ダイマックス」の詳細が明かされた。

【画像】新ポケモンたちが使える技の一部

 先日お披露目されたマタドガス(ガラルのすがた)の特性「かがくへんかガス」は、周りのポケモンの特性の効果を消し、特性を新しく発動できなくさせる効果。ポケモンバトルにおいて特性はかなり重要でパーティ構成に関わるため、ネット上では「マタドガス見た目は最悪だけど特性も相まってかなり強そう」「マタドガスの特性エグいな」などと早速話題に。

 新たなどうぐ「ルームサービス」は、ポケモンに持たせるとわざ「トリックルーム」が成功した時にすばやさを下げる効果、「だっしゅつパック」は、ポケモンの能力が下がった時にそのポケモンを手持ちのと入れ替える効果がある。

 また、ファンの間で注目されている新システム「ダイマックス」の追加情報も公開。主人公がダイマックスバンドを持っていれば、どんなポケモンでもダイマックスをすることができるが、この時、ポケモンに特別などうぐを持たせる必要がないため、勝負の状況に応じて、ダイマックスさせるポケモンを選ぶことや、攻撃力の上がるどうぐを使って、強力なダイマックスわざの威力を強化できることが発表。

 さらに、新ポケモンのアーマーガアが「ブレイブバード」「はがねのつばさ」「つけあがる」「つめとぎ」、タチフサグマが「すてみタックル」「つじぎり」「ちょうはつ」「ブロッキング」など、覚えるわざの一部が公開された。

 Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)で全世界同時発売される同作は、シリーズとしてはリメイク版などを含めて19作目、完全新作としては8作目となる新作。舞台は、穏やかな田園風景や近代的な都市、雄大な草原や険しい雪山など、いろいろな表情を持つ広大なガラル地方を冒険し、主人公であるプレイヤーは、地方に点在する「ジム」をめぐり、ポケモンリーグに挑み憧れのチャンピオンを目指していく。

■『ポケットモンスター』シリーズ一覧(発売年)※リメイク、マイナーチェンジ版は除く
1:ポケットモンスター 赤・緑(1996年)
2:ポケットモンスター 金・銀(1999年)
3:ポケットモンスター ルビー・サファイア(2002年)
4:ポケットモンスター ダイヤモンド・パール(2006年)
5:ポケットモンスターブラック・ホワイト(2010年)
6:ポケットモンスター X・Y(2013年)
7:ポケットモンスター サン・ムーン(2016年)
8:ポケットモンスター ソード・シールド(2019年11月15日発売)

(c)2019 Pokemon. (c)1995-2019 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

最終更新:8/23(金) 8:26
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事