ここから本文です

ももクロ、明治座初舞台で圧巻の殺陣シーン ヒット曲ライブショーとの2部構成

8/17(土) 19:11配信

オリコン

 アイドルグループ・ももいろクローバーZが17日、東京・明治座で『明治座 ももクロ一座特別公演』の公開ゲネプロを行った。ももクロにとって初となる明治座での公演は、メンバーの佐々木彩夏が主演を務める芝居『座長・佐々木彩夏 大江戸娯楽活劇 姫はくノ一』と、ももクロのヒット曲満載のライブショー『ももいろクローバーZ 大いに歌う』の2部構成となっている。

【動画】ももクロ、初の明治座で大舞台!”あーりんは反抗期!”替え歌も

 第1部の『姫はくノ一』の舞台は江戸。日本のあちこちにお殿様やお姫様がいた時代のお話。上州桃亀藩の姫君・あや(佐々木彩夏)は17歳。美しいあやは、父・桃井富之介(国広富之)にこよなく愛されて育った。そのあや姫が突然、父のいる江戸へとやってくるところから物語は始まる。奥女中のかな(百田夏菜子)、しお(玉井詩織)、れに(高城れに)が夜な夜な屋敷を抜け出していることを知ったあやは、3人を追って桃亀藩の真実に迫っていく。

 舞台オリジナル曲『江戸春小町』や『あーりんは反抗期!』の替え歌『姫は反抗期!』もさることながら、ももクロメンバーの殺陣シーンにも注目だ。第2部のライブショーは劇中キャストも交えた圧巻の演出も。更なる進化を遂げたももクロから目が離せない。

 作・演出は劇団ラッパ屋を率いる劇作家・鈴木聡と、『踊る大捜査線』シリーズなどを手掛け本広克行が担当。ももクロと親交の深いヴォーカリスト・松崎しげる、テレビから舞台まで幅広く活躍中の俳優・国広富之も出演している。

 公演は、きょう17日から26日まで、東京・明治座にて上演される。

最終更新:8/18(日) 22:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事