ここから本文です

カミラ夫人と前夫の間に誕生した長男&長女の現在

8/17(土) 21:03配信

ELLEgirl

エリザベス女王との関係性も改善し、イギリス国民の人気も少しずつ上向いてきたカミラ夫人。そんな夫人には、前夫アンドリュー・パーカー=ボウルズとの間に、長男トム・パーカー=ボウルズと長女ローラ・ロープスがいるのはご存知? 昨年のハリー王子&メーガン妃の結婚式にも招待され話題となった、ウィリアム王子とハリー王子の義兄姉って、いったいどんな人物なの!?

長男トム・パーカー=ボウルズはイートン校&オックスフォード大学出身

1974年生まれの長男トム・パーカー=ボウルズはウィルトシャーで育ち、ウィリアム王子やハリー王子と同じくイートン・カレッジに進学。2017年に「メール・オン・サンデー」紙の取材で、カミラ夫人がイートンを訪れるとマクドナルドへ連れて行ってくれたというエピソードを明かしていた。その後、名門オックスフォード大学を卒業した。

同紙のインタビューで、かつてカミラ夫人とチャールズ皇太子の不倫関係が世間に報じられた当時、チャールズ皇太子がゴッドファーザーだったことが明るみに出たことも振り返った。「パパラッチはどこへでも追いかけてきては、スパイのように潜んでいたよ。だから私たちは母のバスルームに双眼鏡を置いておいて、毎朝家族の誰かがその日、何人のパパラッチがいるか確認していた。カメラのフラッシュで確認することができたんだ。ピークの時は6人くらい隠れていたよ。それが日常だった」。

トムはPRから料理評論家&コラムニストへ転身

トム・パーカー=ボウルズはPRやイベントコンシェルジュの仕事を経験した後、料理評論家&コラムニストへ転身。2012年の「テレグラフ」紙の取材で、「食べ物が文明の基礎だと信じている」と語っていた。『タトラー』誌や『GQ』誌を担当した後、現在は『エスクァイア』誌や「メール・オン・サンデー」紙で執筆をしている。またテレビやラジオでの仕事をこなすほか、これまでにレシピ本も出版。レシピのひとつには、“母のローストチキン”というメニューも。

トムは2005年9月に結婚するも2018年1月離婚

2005年4月にチャールズ皇太子とカミラ夫人が再婚してから5カ月後、2005年9月にトム・パーカー=ボウルズは5年間の交際を経て、ファッションエディターのサラ・バイスと結婚。約450名のゲストを招いてオックスフォードシャーで挙げた結婚式には、ミック・ジャガーやヒュー・グラントら名だたる著名人も出席した。

1/2ページ

最終更新:8/17(土) 21:03
ELLEgirl

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事