ここから本文です

その差36%!投票率26%の埼玉県知事選挙で市区町村ごとの投票率を調査したら驚きの結果に

8/17(土) 6:01配信

選挙ドットコム

埼玉県知事選挙(以下、埼玉県知事選)が8月8日に告示されました。(8月25日投票)今回の埼玉県知事選では現職の上田清司氏が立候補していないため、16年ぶりの新人同士の争いとなっています。 そんな埼玉県知事選ですが、2015年の埼玉県知事選では投票率が26.63%、2011年の埼玉県知事選の投票率は24.89%と非常に低い投票率が続いています。7月に行われた第25回参議院議員通常選挙(以下、参院選)の県内の投票率は46.48%だったので非常に大きな差があります。では地方選挙の埼玉県知事選と国政選挙の参院選の投票率を自治体ごとに比較するとどのような実態が見えてくるのでしょう。また過去の埼玉県知事選同士を比較してみるとどのような変化がわかるのでしょうか。今回は埼玉県内の自治体ごとの投票率の動向をまとめました。

自治体別の投票率ランキング・ワースト&ベスト

表1-1は2015年の埼玉県知事選挙でワースト5の投票率を示したものになります。全ての自治体が埼玉県の東側に位置しており、かつ松伏町以外の自治体が東京都と隣接しています。
東京に近い自治体の住民ほど埼玉県知事選への関心の薄さが際立つようです。ベッドタウンとしての性格上、普段の生活のほとんどが東京に関係していることの影響が考えられます。
また全体の平均値から見ても表1-1の5自治体では県全体の投票率から2%から6%ほどの開きがあり、これらの自治体での投票への関心の低さが伺えます。

ちなみに投票率が高かった上位5自治体のランキングはこちら。表1-1の投票率ワーストランキングとは対照的に3位の杉戸町以外は県の西側に位置する町村がランキングを占めています。

ここで目を引くのが小川町の投票率57.60%という数字です。県全体の投票率から30%以上も高い結果はどうしてなのでしょうか?選挙ドットコムでは小川町選挙管理委員会のご担当者に話を聞きました。

選挙ドットコム編集部(以下、選挙ドットコム)
2015年の埼玉県知事選では小川町の投票率が57.60%と県内で最も高い結果を残していますが、高くなった原因はなんでしょうか?

小川町選挙管理委員会のご担当者(以下、小川町選管)
2015年の埼玉県知事選の投開票日と同日に小川町では町議会議員選挙の投票がありました。おそらくその影響ではないかなと思っています。

選挙ドットコム
小川町議選と埼玉県知事選が同日に行われていたんですね!

小川町選管
はい。町民の皆さんにとって町議は身近な存在かと思いますが、
有権者の皆さんが小川町議選の投票に来た際に、埼玉県知事選の投票もしていくという流れがあるのではないかとも思っています。ちなみに今回も埼玉県知事選と小川町議選は同日の8月25日が投開票です。

選挙ドットコム
前回に引き続き埼玉県知事選と小川町議選が同日だと今回も投票率が高くなりそうですね!
選挙中のお忙しいところお話をいただきありがとうございました。

1/3ページ

最終更新:8/17(土) 6:01
選挙ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事