ここから本文です

高速道路のSA・PAは“地元めし”の宝庫!静岡と愛知でこの夏食べておきたい『定番以外の5つの味』

8/17(土) 10:00配信

東海テレビ

中日本エクシス 鈴木さん:
「下のクラウンメロンについては網目の模様が少し不揃いということで『訳あり品』という形でお手頃な価格で提供しています」

 正規品と比べると確かに網目や形がちょっといびつですが、味は変わりません。これだけで1000円ほど安く買えるのはお得です。そして、もう一つ!

■浜松市民には「常識」のおやつ

 浜松のお土産といえば、ご存じ「うなぎパイ」ですが、「うなぎパイ」にも負けない地元のお菓子があるんです。

中日本エクシス 鈴木さん:
「(こちらがおススメの『あげ潮』です!(Q.ラベルが地味に見えますが…)逆にオシャレなんじゃないかなと。うなぎパイもおいしいけど、あげ潮もそれに劣らずおいしいです」

 浜松の方に聞いてみると…。

地元客:
「知ってます。貰い物とかでもらったり」

別の地元客:
「(浜松では)常識だと思います」

 地元の人が「浜松の常識」とまで言い、愛してやまないのがこの「あげ潮」1袋675円。

 浜松の洋菓子店が70年前から発売しているクッキーで、生地にはオレンジやレーズンが入り、コーンフレークもまぶされています。初めてというお客さんに試食してもらいました。

試食した客:
「カラッと揚げたような感覚?サクサク感が。レーズンも残りますね、歯ごたえがあっていいですね」

別の客:
「おいしいです。木の実の味がする」

 見た目にはカタそうですが、食感は意外と軽やかで、サクサク・ザクザクと微妙に違う歯ごたえがクセになります。

■もはやアミューズメントパークなところも…

 続いては、伊勢湾岸自動車道にある、愛知県刈谷市の刈谷ハイウェイオアシスへ。去年のお盆シーズンはなんと25万人が訪れたそうです。

 大きなフードコートはもちろん、噴水のある水遊び場や遊園地もあって、子供たちにも大人気!高速道路を使わなくても入れるので、地元客も多く利用しています。

 また、疲れた体を癒す温泉まであって、パーキングエリアというよりもはやアミューズメントパークです。

 そんな中でも特に注目したいのが「おあしすファーム」。1000平方メートル以上ある広い売り場には、精肉にお米に卵まで!

2/3ページ

最終更新:8/17(土) 10:00
東海テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事