ここから本文です

岡山県観光ポスターにブルゾンちえみさん 特産果物や名所発信の3種類

8/17(土) 10:05配信

山陽新聞デジタル

 西日本豪雨で落ち込んだ観光需要を取り戻そうと、岡山県は岡山をPRするポスターの新作を作った。岡山市出身で「おかやま晴れの国大使」を務めるお笑い芸人・ブルゾンちえみさんを起用し、特産の果物や名所を発信している。

 ポスターは3種類あり、いずれもブルゾンさんが登場。岡山城を背景にカメラを手にした「後楽園版」、個性的なメークを施した表情のアップと倉敷美観地区の町並みを組み合わせた「美観地区版」、「ありのままで勝負しない? 恋も、フルーツも。」のメッセージを添えて岡山産の白桃とマスカットをアピールする「フルーツ版」がある。

 B2判で100枚ずつ作製した。県庁や県東京事務所、岡山桃太郎空港、果物をテーマに展開している県観光キャンペーン「おかやま果物時間」(11月まで)の参加店舗やイベントなどで張り出す。

 県によると、2018年に県内を訪れた観光客数は1442万7千人と西日本豪雨の影響などで前年より8・1%減少した。中でも後楽園・岡山城周辺は24・0%減、美観地区は14・4%減と大きく落ち込んでいる。

 県公聴広報課は「大人から子どもまで人気のあるブルゾンさんにあやかり、岡山の知名度を全国的に高めるとともに夏の行楽シーズンの集客につなげたい」としている。

最終更新:8/17(土) 10:05
山陽新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事