ここから本文です

“最高級”の名に相応しい風格。2代目トヨタセンチュリーが1/43ミニカーで登場

8/17(土) 22:00配信

&GP

トヨタの最上級セダン「センチュリー」は企業の社用車や官公庁の公用車などで採用されている、国産トップクラスの高級車として知られています。一般の人にとっては乗る機会がほとんどない “憧れの自動車” を、ヒコセブンがダイキャスト製モデルで再現。

【1/43 トヨタ センチュリー(GZG50)2010 Pearl White】

今年9~10月の発売が予定されている「1/43 トヨタ センチュリー(GZG50)2010 神威 Eternal Black」と「1/43 トヨタ センチュリー(GZG50)2010 Pearl White」(各6300円/税別)は、ヒコセブンが展開しているオリジナルブランド・CARNELのミニカー。両車とも再販なしの限定500台という、実車同様の希少性を備えたコレクターズアイテムです。

センチュリーの2代目後期型「GZG50 2010」を、1/43スケール(全長約12.5cm)のダイキャスト製で各部を可能な限り精密に再現。フロントグリルとテールの “背景が黒色の鳳凰マーク” や、ボディカラーに合わせたフェンダーミラーなど、後期型からの仕様もしっかり反映されています。

可動部がないディスプレイモデル仕様(塗装済み完成品)で、専用の透明ケースが付属。いつまでも綺麗な状態を保ちつつ、好きな角度から好きなだけセンチュリーの雄姿を眺められます。

(文/&GP編集部)

最終更新:8/17(土) 22:00
&GP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事