ここから本文です

10代思春期娘のダイエット「正しい知識」と「理想の食事メニュー」は?【オリンピック選手の管理栄養士監修】

8/17(土) 16:00配信

magacol

お年頃ムスメと一緒に、「愛ある正しいダイエット」を学びたい

中学生~高校生の思春期娘のダイエット宣言――応援してあげたいけれど、考えてみたら自分たちが試したダイエットって、効果や健康的な方法かどうかについては微妙なものばかり(笑)。良きアドバイスに悩む母たちのため、かつて浅田真央さんや高梨沙羅さんの栄養管理をされていた細野恵美さんが正しいダイエットをレクチャー。せっかくなので、娘を応援するついでに母もスリムになってみませんか?

\教えてくれたのは/ 細野恵美さん 管理栄養士

過去に浅田真央さん、高梨沙羅さん、錦織圭さんなど多くの超一流アスリートの栄養管理を行い、選手の躍進を支える。近著に『強く、美しくなる食事』(大和書房)がある。

娘さん世代が我々大人と一番違うのは、成長真っ只中であるということ。 “誤った知識“ での “無理“ なダイエットは、成長を止めてしまう危険性があります。糖質制限は一時的に痩せますが、辞めれば大幅なリバウンドや代謝低下もあり得ますし、サラダばかりの食事では、筋肉が減り美しいボディラインは叶いません。また、食べる=罪悪感となってしまうのも怖いこと。様々な食材や料理を知るのも、大人への大事なステップです。ダイエットは長いスパンで考え、美味しく楽しく取り組んでほしいと思います。まずは1週間、夕食をこのメニューにしてみてください。便秘や肌荒れなど何かしら改善の兆しが見えたら、体が整ってきた証! そのまま継続すれば、健康的なスリム体型に近づけるはずです。

思春期の食事に大切なこと

1.体をきちんと機能させ、筋肉を作る【たんぱく質】は必要不可欠!
筋肉を作るだけでなく、サラサラの髪や綺麗な爪なども作り、肌荒れ予防もしてくれる栄養素。しっかり摂らないと痩せにくい体質に。

2.月経がきちんとくるように、不足しがちな【鉄】はきちんと摂取すること!
慣れない月経による鉄の損失で、貧血に陥りやすく疲れも溜まりがち。酸素と栄養を全身に運んでくれる鉄は意識して摂ることが大切。

3.骨密度のピークは20歳。10代でいかに高めておけるかが重要。骨を作る【カルシウム】の摂取は必須!
一生分の骨を作るこの時期に大事な栄養素。また、カルシウムは不安定なメンタルを整え、思春期独特のイライラも軽減してくれます。

4.中高生は大人の女性への体を作る準備期間。【炭水化物】はきちんと摂る!
脳や体を動かすエネルギーとなる炭水化物は必須です。糖質の摂取過多を気にするなら、減らすべきはお菓子などの甘い糖質。

■思春期女子の1日の摂取目安量は?
・たんぱく質……55~115g
・鉄……10.5~40mg
・カルシウム……650mg
・炭水化物……290~375g

1/5ページ

最終更新:8/17(土) 16:00
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事