ここから本文です

鎌田大地はブンデス開幕からスタメン確定?フランクフルト監督の揺るがない「絶対的な確信」

8/17(土) 10:10配信

GOAL

フランクフルトは18日に行われるブンデスリーガ開幕節でホッフェンハイムとホームで対戦。アディ・ヒュッタ―監督はこの一戦に向けた記者会見で日本代表FW鎌田大地への大きな期待を口にした。

2017年夏にサガン鳥栖から加わった鎌田は、昨シーズンはシント=トロイデンに送り出されると、ベルギーでは16ゴールを決めるなど大活躍してフランクフルトにレンタルバック。今夏にはジェノアからの興味が伝えられたものの、ヒュッター監督はこれまで度々同選手の成長ぶりを称賛し、ヨーロッパリーグ予選の全試合にも起用してきた。

そして、会見では鎌田のブンデスリーガでの起用に関する質問が飛ぶと、オーストリア人指揮官は「ダイチ・カマダがホッフェンハイム戦でもインパクトを残せることに絶対的な確信を持っている」と開幕節での起用を明言。また、「まだすべてが100%上手くいかないかもしれないが、ボールを持っているときのプレーに限らず、例えば身体の入れ方も評価したい」とも指摘した。

同監督は「もちろん、ブンデスリーガでのデュエルへの入り方に関しては、またレベルも違う」とベルギーリーグとの違いに言及。それでも「彼は適応していくだろう。私はダイチがとても良い形で成長することを信じている」とドイツでも十分通用する戦力として見ていることを明かした。

鎌田はこれまでフランクフルトで出場したリーグ戦は2017-18シーズン、現バイエルン・ミュンヘン指揮官のニコ・コバチ監督の下での3試合のみ。ヒュッター監督の信頼を勝ち取った様子のアタッカーだが、今シーズンは元日本代表MF長谷部誠らとともにスタメンに名を連ねる機会が大幅に増えるかもしれない。

最終更新:8/17(土) 10:10
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事