ここから本文です

大坂なおみから世界1位奪取王手、バーティ「ボールだけを見続ける」<W&Sオープン>

8/17(土) 12:03配信

tennis365.net

W&Sオープン

女子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、WTAプレミア)は16日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのA・バーティ(オーストラリア)が世界ランク33位のM・サッカリ(ギリシャ)を5-7, 6-2, 6-0の逆転で下してベスト4進出を果たすと同時に、19日発表の世界ランキングで大坂なおみから1位奪取に王手をかけた。

【大坂なおみから世界1位奪取】

今年6月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で四大大会初優勝を飾ったバーティは、この日1時間44分でサッカリを振り切った。

女子プロテニス協会のWTA公式サイトにはバーティのコメントが掲載されており「序盤はいいプレーができたけど、やっていたことが機能しなくなっていった。サッカリがリスクをかけてプレーし、それが成功していた。私はいいサービスを打ち、スライスでテンポを変えなければならなかった」と振り返った。

準決勝では、世界ランク153位のS・クズネツォワ(ロシア)と対戦する。ワイルドカード(主催者推薦)で出場している元世界ランク2位のクズネツォワは準々決勝で第3シードのKa・プリスコバ(チェコ)を逆転で下しての勝ち上がり。

決勝へ進出すると世界ランク1位へ返り咲くバーティは「ボールだけを見続けるようにする。勝ったらランキングは、そのまま上がっていくはず。シンシナティで新しい領域にいれることに興奮している」と意気込んだ。

同日の準々決勝で第2シードの大坂は世界ランク22位のS・ケニン(アメリカ)と対戦したが、ファイナルセットの第2ゲームを終えた時点で左膝の負傷により途中棄権した。

最終更新:8/17(土) 12:03
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事