ここから本文です

19歳ヴィニシウスが成長を実感...アザール加入も現状に満足「昨年より精神的に...」

8/17(土) 18:15配信

SPORT.es

昨シーズンの新星の1人、ヴィニシウス・ジュニオールは『Goal』のインタビューで自身のレアル・マドリー加入について振り返り、今シーズンについて語った。

ローマ戦スタメン発表直後、ヴィニシウスがジダンへ意味深ツイート

19歳の同選手は「レアル・マドリーと契約を結ぶ前、ドイツなどから多くのオファーを受けていた。だけど、僕はマドリーに行くチャンスがあるなら、マドリーに行く必要があるという考えをハッキリ持っていた。レアル・マドリーとの契約は起こり得たものの中でベストなものだった」と振り返った。

ヴィニシウスは今シーズン、あまり多くの出場機会を得られていない上にエデン・アザールに左サイドのポジションを奪われ、右サイドでのプレーを強いられているにもかかわらず、現状に満足している様子を見せ、成長を実感していることを明かした。

「精神的に僕は昨シーズンよりも優れていると感じる。ここにいる事を楽しんでいて、喜びと共にプレーしている。それは最も重要な事だ」

そのように語ったヴィニシウスは、チームメイトと監督のジダンに感謝の意を示し、称賛した。

「(監督のジダンは)僕に毎日話しかけてくれる。チームメイト達同様に彼は僕が幸せになるために全力を尽くしてくれている。彼は誰にとっても偉大なロールモデルだ。彼は選手、そして監督としてレジェンドだ」

さらに期待外れに終わった昨シーズンとプレシーズンの成績についても言及している。

「僕達は昨シーズンより良いシーズンにするために準備ができていると確信している。プレシーズンの結果をあまり気にする必要はない」

なお、ヴィニシウスがメンバー入りしているレアル・マドリーのラ・リーガ初戦、セルタとのアウェイゲームは日本時間18日(日)0:00から行われる。

(文:sport)

最終更新:8/17(土) 18:19
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事