ここから本文です

マンC監督グアルディオラ、スターリングに更なる進化を求める「もっとやれる...」

8/17(土) 20:02配信

SPORT.es

ペップ・グアルディオラは、プレミアリーグの第2節でマウリシオ・ポチェッティーノ率いるトッテナムと対戦する。

マンC来日! デ・ブライネが“史上最高のカウンター”を謝罪「ソーリー」

イングランドで今節最も注目されるリーグ王者マンチェスター・シティと昨季のチャンピオンズリーグ準優勝チームの試合は、17日(土)18:30(日本時間18日1:30)からエティハド・スタジアムで行われる。

ペップ・グアルディオラは試合前日の記者会見でためらうことなくライバルを称賛している。
「イングランドに来て以来、トッテナムは毎シーズン野心的だ。常に素晴らしいライバルだ。誰もが彼らに対する私の意見を知っている。現在、(トッテナムは)ヨーロッパで2番目に優れたチームである」とカタルーニャ出身の監督は語っている。

シティは、ほぼ全ての選手が起用可能だが、バンジャマン・メンディとレロイ・サネだけが例外である。
ドイツ人FWは今週末、膝の手術を受ける予定となっている。

怪我での戦線離脱を繰り返すフランス人SBについて、ペップは復帰期限を設けたり、ピッチに戻るのを急かしたりするつもりはないようだ。
「メンディに対して唯一望むことは彼が健康であることだ。他には何もない。ここから先に進もう」と明かしている。

記者会見でもう1人名前が挙がったのがラヒーム・スターリングだった。開幕節でハットトリックを決めたイングランド代表FWは、彼のキャリアの中で最高の時期を迎えている。彼の進化は止まらず、ペップはさらにそれを望んでいる。

「スターリングはプレミアで最高の選手の1人だ。プレミアのトップ6のチームを見ると、レベルの高い選手がたくさんいるが、スターリングが更にその上のレベルにいるのは明らかだ。しかし、もっとできる、我々はもっとやれると思っている」と近年得点力も増している24歳のFWを称賛し、更なる成長を促している。

最終更新:8/17(土) 20:02
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事