ここから本文です

西武データ通り?13-0から8失点 ソフトバンクと4差

8/17(土) 22:12配信

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク8-13西武(17日・ヤフオクドーム)

 2位西武が序盤でエース千賀を攻略し、首位ソフトバンクとのゲーム差を4に詰めた。

【写真】どすこいポーズでファンの声援に応える高橋光

 2回に7本の長短打などで一挙9得点。その後も勢いは止まらず、6回の栗山の安打で16年ぶりに球団記録に並ぶ9試合連続2桁安打をマークした。

 8回表を終えて13-0。大量援護に守られて先発の高橋光は快調にゼロを並べていたが、8回に今宮のソロ、周東の2点タイムリー、明石の3ランで6点を返されて降板した。9回は3番手の小川が2失点し、結局は5点差でのゲームセットとなった。

 西武は16日時点で8月の打率が3割4厘、防御率が6・15。猛威を振るう打線と失点を重ねる投手陣が極端な成績で、この日の試合も終わってみればそんなデータ通りの内容となった。

西日本スポーツ

最終更新:8/17(土) 22:12
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事