ここから本文です

札幌がジェイハットなど圧巻8発!3試合ぶりの白星…屈辱的大敗の清水は連勝ストップ

8/17(土) 19:56配信

GOAL

 明治安田生命J1リーグ第23節が17日に行われ、清水エスパルスと北海道コンサドーレ札幌がIAIスタジアム日本平で対戦した。

【最新】2019年J1移籍情報|夏

 22試合を終えて12位につける清水は現在、公式戦3連勝中。リーグ戦2試合とミッドウィークの天皇杯含めて直近3試合はすべて1点差での無失点勝利と手堅く白星を手にしている。今節ホームに迎える札幌には現在2連敗中と分が悪いが、6月以来の連勝を成し遂げた勢いを継続したい。

 対する札幌は直近2試合で1分1敗となかなか調子が上がらない状況。上位進出へ3試合ぶりの白星が欲しいところ。得点が期待される前線は、前節と同じくジェイ、鈴木、チャナティップの3人で形成する。

 立ち上がりに先手を打ったのはアウェイの札幌だった。こぼれ球を収めたチャナティップが、PAへ切り込んで相手DFを交わして右足一閃。これはGKに当たったものの、軌道が変わってゴールに吸い込まれ、札幌が先制点を奪取した。

 さらに24分、札幌は菅が左サイドからクロスを送ると、これに反応したのはジェイ。見事に競り勝ち、ヘディングシュートを叩き込んで早々と追加点を手にした。

 追う展開となった清水は、短いパスでビルドアップを図るが、自陣に引いてブロックを形成する札幌に苦戦。裏への飛び出しを意識するドウグラスが決定機を迎えたが、防がれると逆にカウンターでピンチを招くなど、苦しい展開を強いられた。

 後半に入っても札幌の流れは変わらず。49分、福森の右CKを進藤が頭で合わせて3点目を獲得。清水は札幌の攻めに対して受けの姿勢となってしまい、厳しい状況が続く。

 札幌の勢いは止まらない。57分には自陣からのロングボールをジェイが落とすと、受けた鈴木が巧みなステップを交えたドリブルで相手DFを翻弄。かわしきらずに左足でミドルシュートを叩き込み、札幌が4点目を獲得した。

 札幌はさらに75分、チャナティップのスルーパスを受けたジェイがGKとの1対1を制し、この日2点目をマーク。その4分後には再びチャナティップとジェイのホットラインが開通。ジェイはハットトリックを達成し、札幌が6点目を奪った。

 終盤には福森が直接FKを叩き込み、締めは岩崎の横パスに反応したチャナティップが息の根を止める8点目を獲得。札幌が清水に大量8得点を奪い、快勝。一方の清水はホームで屈辱的な黒星を喫している。

■試合結果
清水エスパルス 0-8 北海道コンサドーレ札幌

■得点者
清水:なし
札幌:チャナティップ(10、90分)ジェイ(24、75、79分)進藤亮佑(49分)鈴木武蔵(57分)福森晃斗(84分)

最終更新:8/17(土) 19:56
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事