ここから本文です

元レッドブルF1のリカルド「ガスリーに何が起きたのか分からない」フェルスタッペンとの大差に驚く

8/17(土) 12:14配信

オートスポーツweb

 ダニエル・リカルドが、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーのパフォーマンス差が予想以上に大きくて驚いたと語った。

【関連写真】2018年F1日本GPでのダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペン(レッドブル)

 リカルドが2019年にルノーに移籍することを決めたため、レッドブルは後任としてトロロッソで走っていたガスリーを昇格させた。大きな期待を担っていたガスリーだが、チームメイトのフェルスタッペンとのタイム差は大きく、シーズン前半12戦のなかでフェルスタッペンが2勝を挙げたのに対しガスリーの最高位は4位と、リザルトにも大きな違いが出た。ふたりのポイント差は118点まで拡大し、コンストラクターズ選手権2位をかけてフェラーリと争いたいレッドブルは、サマーブレイクに入った直後、ガスリーのトロロッソ降格とアレクサンダー・アルボンの起用を発表した。

 このニュースが流れる前に、リカルドは今シーズン前半のフェルスタッペンとガスリーの差に驚いたとコメントしていた。リカルドは2016年スペインGPから2018年末までフェルスタッペンとペアを組んでいたため、フェルスタッペンの強さは十分理解しているが、それにしてもガスリーがここまで苦しむとは予想していなかったという。

「彼(ガスリー)にとっては厳しい状況だが、これが現実だ。マックスとの差はとても大きい」とリカルドはMotorsport Weekに対して語った。

「ピエールに何が起きているのか分からない。去年はトロロッソでいい成績を上げていた。レッドブルより明らかに劣ったマシンでね」

「僕はマックスと同じチームで走ったことがあるから、彼の強さを知っている。だから、ピエールがすぐにマックスを倒すようなことはないと思っていた。マックスの方が強いことに驚きはない。ただ、ふたりのギャップの大きさには驚いている」

[オートスポーツweb ]

最終更新:8/17(土) 12:39
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事