ここから本文です

往年の名選手から期待の有望株まで…ロンドン生まれ11人のプレミアリーガーたち

8/17(土) 22:48配信

SOCCER KING

 8月16日に発売された『SOCCER KING』2019年9・10月合併号は、「ロンドン&プレミアリーグ」を特集。プレミアリーグの“ビッグ6”の半数を構成するロンドンのクラブに焦点を当てて、彼らが持つ個性と美しさを一冊に凝縮している。

 そこで今回は、ロンドン出身の新旧プレミアリーガーをピックアップ。世界最高峰のリーグを彩ってきた名選手から、今後の活躍に期待が集まる有望株まで一挙に紹介しよう。

<GK>
■ニール・エザリッジ

生年月日:1990年2月7日(29歳)
現所属:カーディフ(イングランド2部)

ロンドン出身で、チェルシーやフルアムの下部組織に所属していた経験を持つ。昨シーズンは、カーディフでプレミアリーグ初挑戦。クラブは2部降格の憂き目にあったが、自身はクラブの年間最優秀選手に選ばれた。ユース年代はイングランド代表としてプレーしていたが、A代表は母親の祖国であるフィリピン代表を選択している。

<DF>
■アーロン・ワン・ビッサカ

生年月日:1997年11月26日(21歳)
現所属:マンチェスター・U

ロンドン南部で生まれ、11歳の時に地元クリスタル・パレスのアカデミーに入団。以来、パレス一筋のキャリアを送ると、昨シーズン、右サイドバックとしてついにブレイクを果たした。今夏は、マンチェスター・Uへのステップアップを実現。慣れ親しんだロンドンを離れ、ノースウェストでさらなる成長を目指す。

■ジョン・テリー

生年月日:1980年12月7日(38歳)
所属クラブ:チェルシー、ノッティンガム・フォレスト、アストン・ヴィラ

イングランド・サッカー界の伝説であるボビー・ムーアと同じロンドンのバーキングで生まれ育ち、ウェストハムのアカデミーを経て、14歳でチェルシーに入団。以降、2017年に退団するまで22年間を“ブルーズ”に捧げ、キャプテンとして数々の栄光をチームにもたらした。昨シーズンはアシスタントコーチとしてアストン・ヴィラの昇格に貢献し、プレミアリーグ返り咲きを果たした。

1/3ページ

最終更新:8/17(土) 22:48
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事