ここから本文です

広島、柏弾で首位・FC東京撃破!! 9戦無敗と好調キープ

8/17(土) 20:59配信

ゲキサカ

[8.17 J1第23節 FC東京0-1広島 味スタ]

 J1は17日に第23節を開催し、味の素スタジアムでは首位のFC東京(15勝3分4敗)と5位のサンフレッチェ広島(10勝6分6敗)が対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半16分にMF柏好文のゴールで先制した広島が1-0の完封勝利を収めた。

 3連勝中のFC東京は10日の第22節仙台戦(○1-0)から先発1人を入れ替え、MF大森晃太郎らを先発起用。一方、ここ8戦無敗(4勝4分)の広島は前節G大阪戦(△1-1)から先発2人を入れ替え、MF東俊希、DF佐々木翔らがスターティングメンバ―に名を連ねた。

 序盤から広島がボールを保持するが、リーグ最少失点のFC東京が簡単にはフィニッシュまで持ち込ませない。すると前半19分にFC東京がゴールに迫り、細かいパスワークから右サイドを駆け上がったDF室屋成の弾道の低いクロスにFWディエゴ・オリヴェイラが走り込んだが、ダイレクトで合わせたシュートはゴール右に外れた。その後も両チームともに相手守備を攻略し切れずに前半をスコアレスで折り返した。

 後半も0-0のまま試合が進むと、同11分に広島ベンチが動き、東俊希に代えてMF青山敏弘がピッチへと送り込まれる。すると同16分に広島が試合を動かす。左サイドでボールを受けた柏が縦パスを打ち込み、自身はPA内へと走り出す。MF川辺駿のリターンパスを受けると右足のシュートでゴールを陥れ、スコアを1-0とした。

 1点のビハインドを背負ったFC東京は同17分にFWジャエルとMF三田啓貴を同時投入。さらに同31分にはMF東慶悟に代えてMFナ・サンホをピッチへと送り込み、状況を打開しようと試みる。しかし、最後まで広島守備を崩し切れずに逃げ切った広島が1-0の完封勝利を収め、無敗記録を9に伸ばした。一方、敗れたFC東京の連勝は3でストップした。

最終更新:8/18(日) 3:28
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事